199154398.v1394280211
当時の私は中学生くらいだったと思う。

学校をズル休みして昼寝していたら金縛りにあった。
元から疲れたりするとよく金縛りになるような体質だったので
いつものことか、と無理矢理二度寝しようとしたのだが
その日はどうも霊障系だったようで…

突然仰向けに寝ている額のあたりをグイグイと誰かが押さえつけてきた。
金縛りにあいながらも目を開けると
どうやら何かの紙片を顔に押し付けられてるらしかった。
いかんせん近すぎてボヤけたその紙片の詳細までは見えなかったが
手書きの地図で目的の場所に×印がついていたのがわかった。
そうこうしている間に寝てしまったので結局それだけのことだった。

夕飯の時にその話をしたところ、
妹から意外なリアクションが返ってきた。
もしかしたら同じ霊に会ったかもしれないとのこと。
実はこの妹もその日ズル休みをして昼寝していたのだが(笑)
同様に金縛りにあい、しかも見ちゃったらしいのです。

ガタンゴトン…ガタンゴトンと電車の音で目を覚ますと
目は開けられるのに金縛り状態だったそうだ。

「(ガタンゴトン…)…ですか?」
声の方を視線だけで見ると窓の外、ベランダに片腕が無くそこから血を流した女が立って居た。
薄緑色のポロシャツを着ていたのが印象に残っていると言っていました。

「(ガタンゴトン…)…さん、ですか?」
電車の音に掻き消されているが「娘さんですか?」と言っているのが聞き取れた。
それで妹は怖さの余り「違います!」と心の中で答え、
そして何を思ったか次に「向こうです」と私(姉)の部屋の方向を目線で指した。
そうすると女はその方へ、ベランダ伝いにゆっくり歩いて行って見えなくなったとか。

つまり、私の所に来たのは妹のせいだったわけです…
その話を聞き、たしかに見せられた地図には路線が書いてあったと気付き
これは無関係ではあるまいな、といよいよ寒くなった。
本当なら地図の場所に行けば何か進展したのかもしれないが
あいにくボヤけて見えなかったわけで、ここで終了。

腕が切れていたのだし×印の所に腕があるのでは、とか
「娘さんですか?」の言動から父親の愛人では!?等

今でも我が家の食卓の話題としてのぼる体験談でした。

引用元:何これ・・・怖い。

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます