eye

小学生の時かな、学校帰りに工事現場があった。

なにかの建物を壊してるっぽいのだけど、本当のところは良く覚えていない。

で、いつも道沿いの塀の上にヘルメットが並んで置いてあったんだ。

数は20個ぐらいかな。なんでも面白がってしまう悪ガキだった私は、端から棒で叩いて帰るのが日課だった。

 

「コン、コン、コン、コン、コン・ ・ ・」

いつものように軽く小走りになりながら叩いていく。

「コン、コン、コン、ゴッ、コン・ ・ ・」

あれ、いつもと違う音が混じってたな。その時は気にせずそのまま帰った。

 

 

次の日、又その次の日も同じように叩いていくと、

「コン、コン、コン、ゴッ、コン・ ・ ・」

やっぱり同じところで違う音がする。

なんでこれだけ違う音なんだろう?とそのヘルメットの前で立ち止まった。

何の変哲もないただの黄色いヘルメットだ。

「なんだ?なんだ?」

私は持っていた棒でガンガン叩いてみた。すると、

 

ヘルメットの下から、どろりと黒い液体が流れ落ちてきた。物凄い匂いとともに。

一緒にいた友達と動く事も出来ずに見ていると、一際黒い塊が落ちてきた。

それは髪の毛のかたまりだった。

本当に怖い目に会うと声がでないものだ。無言で皆ばらばらと家へ走った。

引用元:怖い話・都市伝説まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます