museum_p3

私の母が10代の頃に体験した気味の悪い話。

むかーし、横浜市で『殺人・惨殺事件展』とういのが博物館みたいなところで開催され、
母は友人達と連れだって見に行ったそうです。
内容的には、
一家惨殺された人達の血染めの浴衣、鉈で切り落とされた男児の生首、
成人男性の陰部のホルマリン漬け、血糊がこびりついた包丁、沢山の死体写真や詳細記事などなど・・
今では考えられない物までを赤裸々に展示されていたそうです。
そして、母達は閉館ぎりぎりに出た。

帰宅途中、住まいの近くにある甘味処に皆で寄り、夏だったこともありカキ氷を食べたそうです。
ところが私の母は、何故だかわからないけれど猛烈に喉が渇き、
まだ食べるまだ食べるーとカキ氷を注文し、周囲や店の人が静止するのも耳に入らず、
とうとう山盛りのカキ氷を14杯も食べてしまった。母が当時の事を私に語ったところによると、
食べているあいだ焼け付くように喉が渇き、自分が自分でないようだったそうです。
「多分、あの時は仏さんがついてきちゃったんだろうねー」と言っていました。
普段の母は、コンビニのカキ氷1個食べるのもやっとです。

転載元:<博物館・美術館・図書館にまつわる怖い話/span>

引用元:オカ学

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます