44c3166e7b0778c3ed5feb33a98013df

今まで心霊系を信じていなかった僕が初めて恐怖体験に直面してしまいました…

僕は、大学生となり3月半ばに上京し、実家を離れアパートに住むようになりました。

ちょうど同じ高校の親友も近くの大学に進学し、お互いのアパートからそう遠くないところに住んでいました。

なので、留守でも遊んで待っていられるようにと合鍵を交換し、お互いに一人暮らしを楽しんでいました。

 

 

そうやって1ヶ月程過ごしたある日。

午後5時過ぎ、僕がバイトの面接を終えて帰宅すると、アパートの鍵が開いていました。

(お、遊びに来てたのか)

と思い、

「おー!○○ー!来てたのかー!」

と玄関で叫ぶと奥の部屋から

「おー」

と返事が聞こえました。

 

僕のアパートは、玄関を開けるとすぐ右手にお風呂、左手にトイレ。

正面がダイニングで、その奥に居間があります。

勝手に入り込んで遊んでいるのはお互い承認済で、すでに数回ほど勝手に上がって遊んでいる事があります。

(よっしゃ、ウイイレのリベンジだ!!)

などと思いながら靴を脱ぎ、ダイニングを通って襖を開けると、居間には誰もいませんでした。

 

「野郎!どこに隠れやがった!!」

などと演じながら布団をめくったり、押入を開けたりして友人を探しました。

 

しかし、見つけることが出来ず。

「あれー…?いいや、降参。どこに隠れた!?」

と根を上げました。

返事はありませんでした。

 

(聞こえなかったのか?ふざけてるのかな?)

と思い

「おーい!」

と、もう一度叫びました。

 

すると、玄関脇のトイレから

「いまいくよ」

と声が聞こえてきました。

 

それは友人のものとは違い、女性の声でした…

僕は一気に頭が真っ白になり、トイレの方に目をやりました。

トイレの中の電気が点いています。

帰ってきた時には点いてなかったのに…

(点いていたら気付いて消しますから)

 

全身の毛が逆立つように鳥肌が立ち背中がゾクゾクし、一瞬にして汗が滲み出てきました。

(あれは何だ?あれは誰だ?どうすればいい?)

頭がパニックになっていると、

ギィ…ィ……

トイレのドアが、ゆっくりと開き始めました!!

 

恐怖で頭がおかしくなりそうでした。

(怖い!見たくない!!)

と思いながらも、トイレから目を逸らすことができません…

 

ドアが半分、45度くらい開くと隙間から伸びる光に人の影が見え始め、その影の主がゆっくりとトイレから出てこようとしているのが分かりました。

僕はただ恐怖に震えながら、ただただ見ている事しか出来なくなっていました。

(ヤバイヤバイコワイ)

「死ぬ」とも、「憑かれる」とも、言えませんが「何かされる」という実感が沸き、部屋がぐにゃりと変形しているように感じました。

 

トイレから伸びる影が大きくなって今まさに、「出てくる」寸前

(もうダメだ…)

と同時に、玄関がガチャッ!と勢い良く開けられ

「いよー!帰ってきてたのかー!!」

と、友人が現れました。

その瞬間、トイレの電気がフッと消えました。

 

僕は、そのままベッドに膝から倒れこみ

「うぉー!!」

と叫びました。

 

友人に

「どうした!?」

と尋ねられ、今起こった事を説明し、ドアが半分以上開いたトイレを二人で確認しに行きました。

しかし、何もありませんでした…

 

結局、その日から友人の宅に泊めて貰っています。

親にも相談し

  • アパートを変える事
  • 大家に全て話し、敷金等を返して貰えないかという事

など、現在進行中です。

余り恐怖が伝わらなかったかも知れませんが…駄文失礼しました。

引用元:怖い話・都市伝説まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます