441875928.4

この話は母から聞いた話で、母は祖母から聞いた話と言っておりました。
この話は北海道のB町の近くの話、戦前か戦後、このあたりの話だそうです。

このころは物資が少なく、布団を買うにも新品を手に入れるのは難しい時代でした。
近くの中古屋に布団が入荷したとのことで、体験者(性別不明)が早速買いに行きました。
その布団は中古の割に外側が随分きれいな物で、店の主人の話では布団の外側を付け替えた物らしかった。
中古の割に随分安かったそうで、体験者は言い値で即買い求めたのでした。

体験者は布団を背中に背負って自宅まで帰りました。
端から見ると二人羽織でもしているかのような格好にも見え、また人を背負っているようにも見えたそうです。
帰り道の道中で、体験者に後ろから問いかける声が聞こえてきました。
「寒いか?・・・暑いか?・・・」
体験者は立ち止まり、後ろを振り向きました。しかし誰もいません。
「おかしいな?確かに声が聞こえたんだがな」
再び歩き出すと、
「寒いか?・・・暑いか?・・・」
また聞こえる。それもとても近くで。
体験者は気が付きました。それは背負っている布団から聞こえてくる声でした。
「寒いか?・・・暑いか?・・・」
「寒いか?・・・暑いか?・・・」
帰り道、ずっとその声が布団から聞こえていたそうです。
せっかく買った布団、捨てて行くわけにも行かず、
体験者が自宅に着き、家の者に相談し、布団を裂いて中を確かめることになりました。
そして、布団の外側をまくって綿を確認すると・・・
中から血染めの綿が出てきたのでした。
体験者は恐ろしくなり、すぐさま中古屋に布団を持って戻りました。中古屋の主人に事の顛末を話し布団の出所を聞いてみると、
実は殺人事件があり、そのとき仕入れた布団だからもしかすると・・とのことでした。
中古品には十分気をつけましょう・・

転載元:心霊スポット北海道 PART3

引用元:オカ学

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます