photo130822_02

親父の葬式の時の話。

告別式の最中、心の中で親父に語りかけていた。
『親父、まだ上には行ってないだろ。側にいるなら蝋燭を揺らしてみてくれ』
すると壇上のろうそくが激しく揺れだした。
俺がいた位置と蝋燭との距離は3m程。少なくとも俺は風なんかは全く感じなかった。
それからしばらく蝋燭は揺れ続けていた。
『わかった、もういい』と心の中で語りかけると揺れは収まった。

それからしばらくいろいろ心の中で質問していた。
Yesなら揺らす、Noなら何もしない。みたいな語りかけもしていた。
それも毎回的確な返事がもらえていた。そんなこんなをしていて、今度は心の中で別れのあいさつをした。
今までの事、これからの事、いろいろ語った。
最後に『ありがとう』と心の中で囁いたとき、急に雨が降ってきた。それもかなりの土砂降りである。
そしてその後は蝋燭は揺れなくなった。
それまでは空は晴れていて、雨が降る感じなど全く見せていなかった。
その雨は告別式が終わるまで続いた。
そして終わったとたんにまた見事なまでに晴れ渡った。およそ30分のきつい雨であった。
季節は7月。夕立などの短時間の雨が多い時期ではあるが、朝の10時ぐらいに夕立ってのは珍しい。
やはり親父の涙であったと思いたい。
蝋燭が揺れなくなったのは成仏できたから、と思いたい。まぁ、こんな俺はオカルト否定派ですが・・・蝋燭も雨もたまたまなんだろうと思う。でも信じたいのです。

引用元:怖い話まとめ オカ学

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます