img_8034s

ちょっとイヤな話なんで、そう思ったらスルーして下さい。よろしく。もう5年くらい前のことです。

 

その頃の俺は地元の大学に通っていました。夏休みになって、遠くの学校へ行ってる原田から「帰省してるんで遊ぼうぜ。」って電話掛かってきたんで、中学や高校の頃の友達4人で麻雀をすることにしました。

 

集まったのは清水の部屋です。清水の部屋は離れになってて、多少騒いでも大丈夫だったんで、高校の頃から良く溜まり場にしていました。

 

面子は俺と原田と清水と、あと石川って奴でした。明け方まで麻雀やった後、気分直しに清水の車でドライブに行こうってことになりました。

 

「どうせならさぁ、あのサティアン行ってみよーぜ。」

 

清水がそう言い出しました。

 

そこは高校生の頃、俺たちの間で一瞬話題になったスポットでした。清水の家から10キロくらい離れた山の中にある宗教団体の施設があり、丁度オウムの事件があった頃に宗教団体はそこから出ていって県内の別の場所に移りました。

 

その宗教団体はある巨大な宗教団体から枝分かれしたもので、そういったケースの典型的なパターンを踏んでいました。

 

すなわち、教義の正当性を主張するために本家の宗教団体を激しく糾弾し、世間の理解が得られないと知ると、今度は自分たちは迫害されていると思い込み、逃げ出すように人目の着かぬ場所に拠点を据える。そんな事を繰り返していた訳です。

 

一連の話を清水から聞いた俺たちは、見たこともないその施設を勝手にサティアンと名付け、しばらくの間カルトな妄想を膨らませていました。

 

そこへ行ってみようぜ、みたいな話は何回かあったのですが、工房で免許を持っていない俺たちは、その施設へ行く交通手段を持っていなかったのです。

 

しかし、今の俺たちには清水の車があります。

 

「お前、道知ってるのかよ。」
「林道に入ったら一本道だって話だから、大丈夫だろ。」
「誰か居たらどーすんだよ。」
「じゃあ武器持ってこーぜ。」

 

一旦車を降りた清水は、部屋からバットと木刀を一本ずつ持ってきました。

 

「…いざって時のために、エンジンは掛けておこうぜ。」

 

清水と石川はノリノリでした。もともとこいつらはイケイケのDQN(ヤンキー)で俺や原田は振り回されることが多かったのですが、この時ばかりは何となく頼もしい感じがしたのも事実です。

 

林道に入る頃には夜が明け始め、あたりはボンヤリ明るくなってきました。山の中を20分くらい走ると、途中に古ぼけた看板があり、その指し示す方向へ進むと急に視界が開けました。

 

車が何十台も止められるくらい広い場所です。薄暗闇の中、奥の方にコンクリートの建物が見えました。

 

全体的に近代的っていうかビルっぽいのに、柱が赤く塗られていたり屋根が瓦だったりで、ちぐはぐな印象の建物でした。

 

早速その建物に侵入しようとしたんですが、ドアにはカギが掛かっているし、一階の窓には鉄格子みたいなのが嵌ってるしで、とても入れそうにありませんでした。

 

清水と石川がバットと木刀でドアを叩いたりガラスを割ったり大声を出したりしたのですが、あたりは静まりかえっていてなんの変化もありません。徹夜明けでハイになっていた俺たちのテンションも下降気味でした。

 

「おい。こっちに道があるぞ。」原田が建物の裏で呼ぶのが聞こえました。行ってみると、細い山道が森の奥に続いていました。

 

最初の意気込みが空振りに終わりもやもやした気持ちを抱えていた俺たちは、とりあえずその山道をたどることにしました。しばらく歩くと、開かれた場所に出ました。そこは少し窪んだ地形になっていて、中心には小さな小屋のようなものがありました。その小屋がちょっと変でした。

 

石を積んで、隙間をコンクリートで埋めてあるのですが、まるで慌てて作ったみたいに乱雑な造りで、壁も垂直じゃなくて傾いていて凸凹してるし、全体の形も崩れかけっていうか、土の塊をグシャッて置いたような感じです。

 

「見ろよ。変な扉。」斜めになった壁に、無理矢理という感じで鉄の扉がはめ込んでありました。「開けるぞ。」清水が取っ手を掴んで引くとギィィと開きました。

 

中は外より更に暗くて、様子が良く分かりません。清水が足を踏み込むとザリッザリッと小石を踏むような音がしました。

 

「うわ!なんだコレ。」清水が声を上げました。

 

俺と石川と原田が中に入ると、一段上がったところで清水が足で床をガリガリとこすっていました。見るとそこの床は古そうな板張りで、鏡の破片が大量に散らばっていました。

 

「お前は入るなよ。ケガするぞ。」サンダル履きだった石川は外で待っていることにして、俺と原田が小屋に上がりました。

 

目が慣れてくると中の様子が分かってきました。10畳くらいの狭い小屋で、壁も床も板張りでした。どうやら、木の小屋を外から石とコンクリートで固めたみたいです。木はかなり古そうでしたが、穴が開いたり割れたりという箇所はありませんでした。

 

「おい、上見て見ろよ。上。」清水が懐中電灯で上を照らすと、そこには天井板がなく、大きな梁にボロボロの布が巻き付いているのが見えました。

 

原田が手を伸ばし、垂れていた布を掴んでちぎり取りました。細長い布に何だかわからない文字が書かれています。

 

「なんだコレ。読める?」「あー、これお経とかに書いてある字だよ。」清水がそう言ってボロ切れをポケットに入れ、今度は床の方を照らしました。

 

鏡の破片に懐中電灯の光が当たってキラキラと乱反射しました。「スゴイ量だよな。この破片。」破片を手にとって見ると、古い鏡のように黄色や茶色のサビが入っています。どれもこれも曇っていてハッキリと映りません。

 

「あれ?これ割れてねーぞ。」清水がそう言って、部屋の隅に懐中電灯を向けました。そこに鏡が置いてありました。

 

古そうな丸鏡でなぜか木の台の上に置かれていました。それが懐中電灯の光を反射して清水の顔を照らしています。俺はその時、猛烈にイヤな感じがしました。

 

「清水。もうやめようぜ。」原田も同じことを思ったのか、清水の方に向かって声をかけました。清水は返事をしません。鏡からの光がゆらゆらと揺れて、清水の顔がまだら模様に見えました。

 

俺はなぜかその光景を見ていられなくなって目を背けました。

 

「おいっ清水、もうやめろって!」原田が後ろから清水の体を掴んで揺さぶっているようです。

 

「んーーー。んーーー。」後ろから変なうなり声が聞こえてきました。

 

堪らなくなった俺は外へ逃げようとしました。

 

戸口は目の前です。逆光で石川の姿がシルエットになっているそこを目指して走ろうとするのですが、膝のあたりがガクガクして足が上手く動かせません。

 

悪夢の中を逃げているような感じでした。

 

「んーーーんーーーーーーんーーーーー」「おい!誰か手伝え!清水がおかしいんだって!」原田が叫んでいるのが聞こえましたが、俺には振り返る余裕は全然ありませんでした。

 

とにかく外へ出ようと必死で足を動かしました。「だ、大丈夫か!」石川が横をすり抜けて清水の所へ走りました。

 

俺がようやく外へ出て地面に尻餅をついていると、中から原田と石川が清水を抱えて出てきました。

 

「おい、お前は大丈夫か?」石川が俺に向かって言いました。

 

ぐったりと疲れ切っていたのですが何とか首を縦に振りました。

 

原田と石川が手を離すと、清水はくにゃくにゃと地面に座り込んでしまいました。

 

「んーーーーんーーーー」「清水!おい!清水!」清水は目を閉じて、口を開けっ放しにして涎を垂らしていました。

 

それなのに口を閉じている時のような低いうなり声を出し続けています。「んーーーーんーーーーんーーーー」俺たちは3人で清水を担いで車まで戻りました。

 

車中でも清水は唸りっぱなしで、俺はそれがものすごくイヤでずっと耳をふさいでいました。

 

清水の家に着いたのは朝7時頃でした。起きたばかりのおやじさんとおばちゃんに事情を説明すると、二人とも大慌てで、すぐ病院へ連れて行くと言いました。

 

俺はムチャクチャ怒られるんだろうな、と思っていたのですが、おやじさんに「今日はもう帰れ。」と言われただけだったので、正直ホッとしました。

 

でも、その後はいろいろ大変でした。

 

清水の家が俺たちを訴えるとかいう話まで出ていたのですが、なんやかんやでその話は消えてしまいました。

 

というのも、清水の家が地元から引っ越してしまったのです。清水がその後どうなったのかはわかりません。でも、多分死んでいると思います。あいつはまともに鏡を見ていました。

 

只で済むはずがないのです。俺はあのあとひどい足の痛みに悩まされました。今も一年のうち300日ぐらいは家で横になっているか車椅子の生活です。

 

それが原因で学校を辞めましたし、普通の仕事には就けません。足の筋肉が痩せてしまってズボンがガバガバで、なんだか泣けてきます。原田は仕事で東南アジアへ行っている最中に狂犬病に罹って死にました。土壁を爪で削り取って食べていたそうです。

 

石川は他の3人の顛末を見て怯えきって家に閉じこもってしまいました。人に聞いた話では、精神に異常を来したものの、病院には連れて行ってもらえず、ずっと家から出ていないようです。

 

今、気になるのはこの話を聞いた人のことです。俺と原田と石川は、清水の家から帰る途中で、あの小屋であった話は絶対人に喋らないようにしようと決めました。

 

言いだしっぺは原田です。原田は清水を助けようとした時に一瞬鏡を見てしまったそうです。何を見たのかは、俺たちにも教えてくれませんでした。

 

とにかく、俺は決まりを守って両親にも警察にも小屋の中でのことには触れず、清水が一人で小屋に入っておかしくなって出てきたって風に話しました。でも2年前に一度、チャットで知り合った女が霊とかそういうのに敏感&興味津々だったので、リアルで会って小屋の話をすることにしました。

 

その頃俺は足の具合が悪かったので、彼女が俺の家までやって来ました。黒い服とかじゃなく普通の格好で、好きな車や映画のことをペラペラと良く喋る女でした。

 

なんだか思っていたイメージと違ったので、俺も割と軽いノリで小屋の話をしました。「…その話、やっぱり人にはしない方が良いよ。」話し終わった後で、その女は言いました。

 

声のトーンが変わっています。

 

「1回聞いただけでも、ものすごく古い感じが伝わってくる。こういうのは、本気で危ないから。」

 

しばらくして彼女と連絡が取れなくなりました。携帯に掛けても出ないし、メールも来なくなりました。常連だったチャットからも姿を消し、運営していたHPも更新されないまま消えてしまいました。

 

それ以来、誰にもこの話はしていません。でも、4月の半ばぐらいから手の方に痛みが拡がってきました。もう動かなくなるかも知れないので、記録として書き留めておこうと思ったのです。

 

間をあけて書いたので、文章として上手く繋がってないかもしれませんが、その辺は勘弁してください。

引用元:超厳選怖い話ランキング

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます