maxresdefault

前にテレアポのバイトをしていた時なんだけど。

小さな事務所で、インカム着けて通話しつつもお互いの内容がなんとなく聞こえるくらい。

そこでバイト仲間の一人が妙なことになったんだよね。

 

俺は壁際で、隣はA(学生、男)って真面目な奴しかいない。

なので、その会話を聞き流しつつ、めんどくせーとか思いながら俺もリストに従って順番にノルマやっつけようとしてた。

 

インカムで塞がれてない左耳に

「はい…7月の…18日ですね…渋谷。はい、確実に」

ってAの声が聞こえてきた。

 

アポ順調だなーいいなーなんて思ってたんだけど、そのあと・・

「息が止まるまで何度も、何度も、刺す…はい…死ぬまで…逃がさない」

 

「えっ?」と思ったら、急にAが後ろ向きに、事務椅子ごとぶっ倒れたんだよね。

反射的に見たら白目剥いて泡吹いてて、女子も多い事務所だからパニック状態になっちゃって。

すぐに社員が救急車呼んで、Aは近所の病院へ運ばれたらしいけど、その後出勤してくることはなし。

 

テレアポで営業かけてたのは某CSのチューナーだし、

刺すだの死ぬだの物騒なキーワードが出てくるのは常識的にあり得ない。

Aはどんなお客さんとどんな会話してるんだよ、と。

通話記録(直前の会話分だけ録音してある)も残ってるはずだと思うんだけど、バイト先からは何の説明らしきものはなかった。

 

で、偶然、Aを見かけたんだよね、一昨日の飲みの帰り、始発電車の中で。

面白みもない感じの普通の学生って感じだったAが、ガラガラの車内の真ん中で突っ立ったまま、涎を垂れ流しながら恍惚の表情で笑ってて、見るに堪えなかった。

電話一本で何があったんだろうって急に思いだして、雑文ごめん。

引用元:怖い話・都市伝説まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます