eye

中学生のとき友達2人と私でお泊り会した。

私ら仲良しグループは、そんときの泊り会メンバーと泊り会に来れなかった子・ユカ(仮名)で構成されてた。

ユカはおとなしくてうじうじした子だった。

それはおいといて、泊り会とかでさ、なんか女同士って話し込むと嫌いな奴の話になるじゃん。

そのなかで友達の1人が、『ユカって正直だるくない?』と愚痴をこぼしはじめた。

それにつられるようにさ、もう1人もユカの愚痴をこぼしだした。

私もそれを聞いてるうちにユカに対する変なイライラした感情がわいてきた。

それから私ら「はユカはだるい、きもい、つか何でいつもうちらとおるわけ?」とか、ずっとユカの悪口を言っていた。

そんときだよ。

私の携帯が鳴った。

親から。

『ついさっきユカちゃんが・・・』

事故で死んだらしい。

私が他の子に言うと、はじめは冗談だろって顔してたんやけど、私の泣き顔を見て信じた。

気分が悪くなった。
つい先程のことを必死で心の中で謝った。

それから私らは泣き疲れていつのまにか寝た。

「ガンガンガンガガガッ」

窓を叩く音が聞こえて私は目が覚めた。

「ガンガンガンガガガッ」

「ガガガッ」

音がしては止み、の繰り返しだった。

私はめっちゃ怖くなって2人を起こした。

『はよ起きて!』

でもその子らが起きてもまた音はする。

「ガンガンガンガガガッ」

もう気が狂いそうで・・・私はユカだ、と思った。

『ユカ許して!!!』

私はひたすら叫んだと思う。

友達も泣き叫んでいた。

そしてたたく音が止んだ。

『許してくれた・・・』

私は勝手にそう思い込んでいた。

すると友の机のほうから物音が。

「ガンガンガンガガガッ」

なにかひっかくような音。

もうだめだ!と思ったそのとき、今思えば気絶したんだと思う。

気付けば朝の8時だった。
私らは窓にびっしりついた手形をみて凍り付いた。
そして、今度は自分たちの愚かさに気付いて本気でユカに謝った。

でもユカが残したのはそれだけじゃなかった。

友の机のうえに、コンパスが突き刺さっており、その横にカクカクした文字で「オ前ラ呪イ殺ス忘レタ頃ニ気ヲ付ケロ」と書かれていたのです。

葬式にはいけなかった・・・。

後日、ユカの家にいって仏壇の前でもう一度謝った。

それから一応、お祓いにも行ったけど、忘れようにもわすれられない話。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます