tips5-2

高校時代の友人が体験した話。

仮に佐藤とする。
佐藤は隣県から僕の地元の高校に通学していた。
仲は良かったが、あまり自分のことを話さない性格だったので、よくわからない奴だった。

2年の夏休みに佐藤は、佐藤の地元の友人たちとバーベキューをやったらしい。
佐藤の地元はド田舎で、田んぼと川くらいしかなく、民家も所々にかたまってあるくらいだ。

6人ほど集まって、原チャリで食材などを『機場』という場所に運ぶ。
『機場』とは、川の水を汲み上げて田んぼに供給するための、一辺10メートルほどのコンクリート製の施設だ。
そこは民家から相当離れていて、夜中騒いでもわからない場所らしい。

夜の12時を回りバーベキューも一段落し、みんなで機場の屋根に登り、寝そべりながら話をする。

ふと佐藤が気が付くと、お調子者の田中(仮)がまったく話しに入ってこない。

佐藤は『これはまずい』と思ったらしい。

田中は所謂霊感があり、いつもはふざけているが、何かを感じると別人のようになる。
突然、田中が「ヤバい」とぼそっと溢す。
周りが「どうヤバい?」と聞くと、「幽霊とかじゃない。バケモノだ・・・」と言う。

すると一人が、「あれ・・・」と指を差す。
その先には人が一人。

何故かその人は、暗いのによく見えた気がしたらしい。
その人はボロ布のような服を着ていて、何故か鳥(?)を持っていて、立ったりしゃがんだりしている。

佐藤や友人たちが何も喋れずにいると、強烈な耳鳴りがしてきた。
これは田中が何かを感じると、周りの人に耳鳴りがするためらしい。
佐藤も今までに感じたことないくらい強烈な耳鳴りだったので、ヤバさが尋常ではないとわかったらしい。

見ているといつの間にか、ボロ布の人の周りにモヤがかかっている。
それは段々形になっていき、もう一人が完成する。

しかし、人ではなかった。
角がある。

羊?山羊?よくわからないが、クルクルと曲がっている大きな角だ。

ボロ布と角が話をするかのように、距離をとって向かい合っている。
佐藤は冷や汗が止まらず、唾が何倍にも濃縮されたように口が苦くなっていく。

すると突然、ジェットコースターに乗ったときのような内蔵がフワっと浮く感覚と、次に頭に空気の矢が貫通する感覚に襲われた。
ボロ布がこっちを見ていたのだ。

そこから記憶がないらしい。
気が付くと朝の5時になっていて、みんな機場の屋根の上で寝そべっていた。
みんなぼーっとして何も喋らない。

佐藤は腕に痛みを感じ見てみると、五百円玉くらいの火傷をしていた。
バーベキューのときの物ではない。
みんなも腕に火傷をしていた。

訳が分からないので、全員一旦家に帰った。
佐藤は風呂に入りながら考えたらしいが、何が何だかわからない。

数時間後、田中が佐藤の家に迎えにきて、友人たちの溜り場へと向かった。

溜り場にはもうみんな揃っていた。
佐藤が田中に、「アレはなんだったんだ?」と聞いた。

田中:「アレは絶対に幽霊じゃない。そもそもジャンルというか、スケールが違う。デカいんだ。わかんないけど、バケモノだよ」

そんな話をしているとき、一人が「アレ?アレ?」と目を擦る。

「ヤバい。なんか変なものが見える。ゴミかな?」

すると別の奴が、「・・・・・・・・・俺も」と。

他も他も、全員が見える。
目を凝らすと、頭の上にいくつもドアが見える。
そのドアを開けようとイメージしても、開かなかったらしい。
佐藤たちは、夜のこととドアのことは、誰にも言わないということにした。

数日後、ある一人が佐藤たちを呼び出した。

「ドアが開いた」と言うのだ。

曰く、「知り合いとトランプをしたら、相手のドアがちょっと開いて、どんなカードを持ってるかわかった」とのこと。

その後、佐藤もバイトの店長にトランプを持ちかけ、ドアが開いたという。

今だにさっぱりわからないが、僕自身も佐藤を通して色々と体験している。

引用元:鵺速 あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます