8c0ddc1e
数年前の話。
 
オレはバイク乗りで、当時大学院の1年か2年だったと思う。
 
オレは、写真も趣味で、バイクに乗っては近隣ではあるが綺麗な景色を眺めたり、写真に撮ったり、星を眺めたりするのが好きだった。ってか、今でも好きなわけだが。
 
数年前、オレはバイク仲間(Aとする)と、K県某市の峠の側道?状になっているところに、人が全然いなくて、天気によっては星と月、夜景、富士山が見えるというすばらしいロケーションがあって、そこに行こうという話になった。
 
その場所に行くのは初めてではなく、何度もいったことがある場所。うまく説明できないのだが、県道が峠になっていて、そこから支道に分かれ、山の中ではあっても少し開けた場所になっているんだ。
ここが登山道の入り口?になっているらしくて、ここまでなら人は普通に上がってくるし、天体ショーなんかがあるときはここに車が十数台程度なら集まるような場所だ。
 
ただ、谷状になっていて、左右にさらに山があり、空全体が開けているわけではない。
 
それで、俺たちの目的地は、その開けた場所(便宜上駐車場としよう)ではなく、その駐車場の左右の山のうち、片方は登山道、もう片方が目的地だ。
 
そちらに、階段上になっていて、さらに山に登ることができる。ここからはもちろん徒歩だ。
 
そんで、5分ぐらいちょっとした傾斜の場所(階段も整備されている)を登ると、その先に木製のベンチとかがあって休めるようになっていて、そこをもう少し山の稜線に沿って進むと、そこが目的の場所。
 
空が全体的に開けており、地面は板状に整備されていて、しかも山の斜面側は全部木が伐採されている関係で、眼前に夜景と富士山が広がるんだ。めちゃめちゃ贅沢な景色だと思う。
 
あとから聞くと、パラグライダーの離陸点になっているらしく、斜面に向けてまっさかさまに走り下りるように板張りの台が形成されているが、頂上付近も広くて水平なので、危険な場所ではない。しかもそこに夜、人がいるのを見たことがない。
 
そこに、問題の日以外にも何度も来て、星の写真を撮ったり、カセットコンロを持ち込んで紅茶やコーヒーを飲んだりするのが好きだったわけだ。
 
当然山の中だから、駐車場も目的地もいっさい該当はなく、自分たちで明かりをもっていかないと真っ暗な場所だ。
 
問題の日もAと待ち合わせして、バイクで現地に向かったんだ。
 
駐車場につくと、エスティマと商用のバンっぽいのが止まってて、エスティマについてはエンジンがかかっている状態だった。そのエスティマは、目的地に上っていく小道のすぐ脇にとまってた。
 
まぁ、場所が場所だけに、イチャイチャしたいカップルがいてもおかしくないので、俺たちはお邪魔にならないよう、そそくさとその脇を抜けて、星が見える場所までのぼっていったわけだ。
 
時間は深夜2時ごろだったと思う。季節は夏で、駐車場の段階で天の川が見えるぐらい、晴れ渡った星を眺めるには絶好の日だった。
 
そんで、頂上について、Aは写真ではなく双メガネをもってきていたので街や星を見ているかたわら、オレは三脚を用いて星や夜景をカメラに収めまくっていた。
 
何度見ても感動するようなきれいな場所でさ、小一時間はしゃぎまくってたんだ。深夜3時を回っていたと思う。
 
「そろそろ帰るか?」
 
って話になって、ぼちぼち駐車場に下って行ったんだ。
 
重複になるが、明かりはいっさいないので、自分たちが持ってるLEDライトが唯一の光源。足元を照らしながら、夜露でぬれた草で滑らないよう慎重に下っていく。
 
間もなく駐車場に着く、となった時のことだ。
 
まだエスティマがいる。今度はエンジンが止まっていた。エスティマは、山から下りてきた俺たちに背面を向ける形で止まっていた。
 
1時間以上ここで、まぁずいぶんと盛んなんだろうなんて下世話なことを思っていた。
 
Aが先行して下りていたわけなんだが、Aもエスティマに興味をもったのか、盛んにライトを照らしていたが、そのまま抜けてバイクの方にいこうとしていた。
 
俺も不審に思いつつも、エスティマを照らしながら背後に近づいた時、見てしまった…
 
エスティマの後部から後部座席の窓に向けてホースが伸びているんだ。
 
真っ暗な山の中、自分のライトが照らし出した光景はあまりにも不気味で、血の気が引くとはこのことか、と生まれて初めて思った。
 
ただ、思考停止になるわけではなく、むしろ恐怖に興奮?しながらも、俺の脳はフル回転で事態の把握と対処を考えていたようだった。そして、一瞬で異常に気付いてオレはAに叫んだ。
 
「A、まずい、これ自殺だ!」
 
実は、Aもライトで照らしているときにすでに気づいていたようだった。そのうえで、そそくさと逃げようとバイクに向かっていたらしい。
 
俺が気づかないことを祈りながら。気づいたら、絶対に放置するような性格ではないことを知っていたからだ。
 
しかし、やはり俺も気づいてしまった。そして、俺の叫ぶ声を聞いて振り返ったAの顔も、心なしか真っ青に見えた。ってか、実際真っ青だったとは思う。
そして、Aは言った。
 
「さっさと逃げないか…?」
 
決してそんな状況になって、逃げたくなるのは責められない。というより、もしかしたら俺らと同じ体験をした場合、逃げる人の方が多数派じゃないか?
 
しかし、俺はそれを認めなかった。
 
俺「何言ってるんだ、消防を呼ばないと。中の人助からないかもしれないぞ!」
 
A「別に赤の他人なのに、首突っ込む必要もなくね?ってか、絶対面倒なことになるから逃げようよ。今なら遅くないって。何も見なかった。それだけじゃないか。」
 
俺「さすがにそれはできない。もし、面倒なことに巻き込まれたくないなら、最悪Aだけでも帰ってもらってもいいぞ。」
 
そのまま帰ったら、結果を知らないまま、もんもんとそのことを考え続けていたんだろうと思う。
 
そして、オレはおもむろにケータイを出した。見ると、駐車場でも電波は3本立ってる。さすがD社、山の中でも使えるとはいざというとき役に立つwちなみにAのケータイはS社で、お約束通り圏外だった。
 
そして、Aの制止もやむなく、オレはダイアルした。119。
 
消防A「119番です。火事ですか?けが人ですか?」
 
俺「あ、あの、い、いま、ホースを排気口から車内に引き込んで自殺を図っている車がいるんですが!!!」
 
消防A「排ガスで自殺を図っているということですね?」
 
消防あくまで冷静だw俺の動揺をよそに。まぁ、当たり前なんだが…
 
消防A「場所はどこですか?」
 
ここで詰んだw場所はわかってたけど、周りは山だし、何らかの施設を目当てに来てるわけではないから、うまく説明できない。
 
俺「え!?えぇ~~っと、県道〇〇号を何キロか南下して、途中をまがって上がってきた先なんですが…場所?う~~ん、ちょっと待ってください、何か目印になるものがあるか…」
 
そういいながら、今となってはつたないライトを一生懸命振って、周りに何か目印になりそうなものがないか探した。
 
さすがにAもここまで来て、一人逃げようという気は失せたらしく、俺のやり取りを聞きながらいろいろ協力してくれていた。
 
回りを見渡すと、登山者向けなのか、そのあたり一帯の山の配置や標高、ルートなどが書かれた木の看板があるが、肝心の場所を直接示すような表記はない。
 
「現在地」と書かれた場所を、周りの山との関係から一生懸命説明する「俺」。でも、うまく消防に伝わらない。
 
場所を伝えるだけで10分近くかかっていた。そして、あらぬ事か消防Aが言った。
 
消防A「まだはっきりした場所が確定していない状態ではありますが、今、〇〇消防組合につながっています。
 
しかし、お話を聞く限り、●●市消防の管轄場所のようなので、恐れ入りますがそのまま電話を切らずにお待ちください。●●消防につなぎます。」
 
その間も、明らかに以上を示す車が目の前にある状態。電話を持ちながら、膝ががくがく震えてたよ。それで、電話をつなげる音を聞くことさらに数分。
 
ガチャ!
 
消防B「●●消防です。排気管からホースを引いて自殺を図っている車がある、ということですね?先の担当の方からも聞いてはいるのですが、まだはっきりしていません。再度場所をお教え願えますか?」
 
俺は本当にあせっていた。
 
真っ暗な中でだよ?周りにAを除けばだれもいない、っていうかいるのは生きているのか死んでいるのか、死んでいるとして何日立っているのか、まったくわからない状態の車が1台。
 
怖いから車に背を向けながら一生懸命また消防Aにした話を繰り返す。が、埒が明かない。
 
そうこうしているうちに、フル回転の俺の頭はよけいなことまで考え出す。
 
たとえば、背後振り返ったら車の中からのぞかれてたらどうしよう、とか、今後ろの車の扉が突然開いたらどうしよう、とか。とにかく、大の大人のくせしてビビりまくっているんだ。
 
俺「もしかして、先に警察の方に通報すれば、GPSとかで場所わかるんですか?」
 
消防B「警察の方に連絡されても変わらないと思います…」
 
俺「とにかく県道~~号、★★峠を抜けてさらに何キロか進み、市道状の道を登ったところなんです…」
 
やり取りすることさらに20分近く。
しびれを切らしたAが、
 
「ちょっと俺がバイクで戻って、何か目印になるものがないか確認してくる!」
 
と言ってくれた。頼りになるじゃないか、A!ナイス!A、頼む!と、Aを心強く送り出す俺。
 
俺「いま、一緒にいる奴が、バイクで戻って目印見てきてくれます!」
 
俺はそれが、その場に1人ポツンと残されることになることを失念していた…
 
消防B「わかりました。それではその間にもう少し詳しいお話を聞きます。車はいまエンジンは切れていますね?」
 
俺「はい。あ、でも、自分たちがきた2時間ほど前にはエンジンがかかっていました」
 
消防B「そうですか。車の車種、ナンバーはわかりますか?」
 
恐る恐る近づき、
 
俺「車種はエスティマ、色は淡いピンク、ナンバーは…」
 
消防B「有り難うございます。中に何人乗っていますか?」
 
えええええええ~~~~~~~~~~~~~!?
 
それ、俺が見なきゃダメ!?近づくのですらいやなのに…絶対やだよ?俺。どうすんのさ、ライトで照らされた死に顔でも見たら…
 
まして、何日放置されてるかもわからないし。エンジン切れるぐらいだろ?しかも「何人」って!?wそうか、集団自殺かもしれないのか。なおさら怖くなったわ。
 
俺「え?それ、見なきゃだめですか!?」
 
消防B「難しいですか?」
 
俺「難しいっていうか…う~ん…」
 
怖すぎるでしょ。
 
消防B「難しい状況であれば、無理にとは言いませんよ。」
 
そうこうしているうちに、Aが戻ってきた。時間にして10分弱だったかな?出かけて行ってから。
 
A「県道から曲がるところの交差点に、山荘がある。××山荘っていう山荘だ。」
 
俺「いま、仲間が戻ってきまして、県道から××山荘をまがって上ったところだそうです」
 
Aは山荘の写真も携帯で撮ってきておりそこに電話番号とかも書かれていたから、全部伝えた。
 
消防B「県道を北上し、××山荘を曲がるということですね?まがった先はどうなっていますか?」
 
俺「一本道で、その先の少し開けたところです。」
 
このやり取りまで、通報からすで40分近く経過している。だんだん恐怖と、減ってゆく携帯の電池にイライラしてきた俺は、
 
俺「あの、もう消防隊は出場しているんですか?さすがにそろそろサイレンとか遠くに聞こえてもおかしくないと思うんですが…」
 
消防B「いや、まだです。場所が確定しないことには…」
 
俺「県道を北上するところまでは確実なんですから、早く出動させてください。自分たちも県道上で案内できるよう待機します」
 
消防B「わかりました、それでは消防隊を向けます。」
 
これで、一通りの通報が終わった。そして、俺とAはバイクに飛び乗り、駐車場を逃げるように後にした。
 
戻ってみると確かに山荘があった。普段そんなところ見てないから気づかない。
 
県道の街頭の下でひたすら消防隊の到着を待つ。この間も怖い怖い。風で森の木々が揺れる音、虫の音。
 
これに交じって人の声がきこえたらどうしようとか、駐車場から車が下りてきたらどうしようとか、いろいろ考えた。
 
しかも、市街地から離れた山の中だから、全然消防来ない。何台か車が通ったけど、駐車場に向かっていく車は皆無。バイク2台並べて止めた俺たちを見て、
 
「なんかマシントラブルかな?」
 
ぐらいにしか思ってないんだろうなぁ?なんて思ったりしてた。トラブルもトラブルだよ、なかなかないよ?
 
練炭ならさ?わざわざ車の中なんかのぞかないから、なにか起きてても気づかないで済んでたのに。なんでまた排ガス?いろいろ募る思い。
 
そこでAが、重苦しい雰囲気を打開しようとしたのか、
 
A「いやぁ、しかしまぁ、普段あれだけ冷静そうにしてる<俺>が、ここまであからさまにうろたえてるのも珍しいもんだな?」
 
なんて、相変わらず蒼白の顔をニヤつかせながらいうわけ。
 
俺「んな!あ、当たり前だろ!?こんなの。お前は怖くないのかよ!?」
 
ムキになって反論する俺。
 
A「いや、怖いに決まってんだろ。だからさっさと逃げたかったのに…でも、やっぱりお前よく通報しようなんて考えるな?すげぇわ。」
 
なんてやり取りしてたら、だいぶ心理的に復活してきた。
 
怖さを紛らわしたり、状況の整理をしたり、Aといろいろな話をしていたんだと思う。あまり良くは覚えてはいないが。
 
そして、県道で待機すること小一時間。遠くから、かすかに消防車のサイレンが聞こえてきた。
 
普段街中で聞く分には完全に他人事だから、「うるさいなぁ?」とか、「なんかあったのか?」程度にしか思わないと思う。
 
でも、自分が呼ぶ立場になって、そのサイレン音が聞こえてきたときのあの心強さといったらないよ、本当に。
 
俺「おい、来たみたいだぞ!」
 
といって、またバイクに飛び乗る。
あまりのあわて様に
 
A「おい、落ち着け、ここで事故ってもシャレにならん。」
 
たしかにまだだいぶ遠いのに、ほんとにテンションおかしかったんだな。
 
実際、山が曲がりくねっているせいか、聞こえていた音が遠くなったり、聞こえなくなったり、またかすかに聞こえたりを繰り返して、初めて音が聞こえてから実際に赤色灯の明かりが見えたのはさらに10分ぐらいたったと思う。
 
やっと、まがっている道の向こうから赤色灯がちらちら見えるようになって、いよいよ消防車が見えた。消防車1台、しかもおそらく指揮車っていうバンタイプの奴だけ。
 
たぶん、先行隊で場所や状況を把握して後続の隊に伝えるんだろう。それが自分たちのバイクに向かってくる。
 
それを見て、即座にバイクに飛び乗り、走ろうとしたとき、消防車から
 
消防C「運転手さ~ん、運転手さ~ん!ご案内いただける方ですね?」
 
大きく「ついて来い」と手で合図して、俺たちは走り出した。山荘を曲がり、曲がりくねった山道を登る。
 
消防車は恐る恐るついてくる。引き離さないように、俺らも慎重に登ってゆく。
 
そして、駐車場に到着。ハイビームにして問題の車両を煌々と照らし、指さしながら「あの車です!」と叫ぶ。
 
きっと、フルフェイスしてるし、消防車も窓はあいていないから、叫びは誰にも届いていなかったとしても、関係なかった。
 
消防車は、さっそうと俺たち2台のバイクの抜き去り、エスティマに横付けする。そして、中から数人の隊員が駆け下り、エスティマを取り囲む。
 
さすが彼らはプロ、あれだけ見たくなかった車内も、何のためらいもなく覗いているあたりすごいと思った。
 
そして、その中の1人が扉に手をかけた!開いた!カギはかかっていなかったらしい。しかし、ぱりぱり音がしている。よく見たら開いた扉の上部にガムテープ。目張りもしっかりしていたらしい。
 
ここから、また少しおかしなことになっていくわけだ。
 
少ししてたら、様子がおかしい。どうした、生きているのか!死んでいるのか!?何人いる!?
 
固唾をのんで見守る俺たち。
 
中から人が現れた。でかい!?めちゃめちゃ大柄の大男だ。中の人が生きて出てきた。「よかった、生きてたぁ~~~…」と、力がぬけて座り込みそうになりながら、Aと喜びあう俺たち。
 
でも、様子がおかしい。なにか消防隊員があわてふためいてる。
 
何人も中にいたのか…?また悪い想像が持ち上がるが、活動している消防隊員から聞こえた言葉は意外だった。
 
消防隊員1「お、おい、だれか、英語しゃべれるか!?」
 
は?英語?
 
大男のはずだ、少し近づいてみると、190近い大柄の白人のおっさんだった。
 
消防隊員2「おい、本部に通訳になるやついるか確認!」
 
消防隊員3「警察にもその旨連絡!」
 
なんて、あわただしくやり取りしている。見るに見かねて、日常会話に毛がはえた程度ではあるが、まったく英語をしゃべれないわけではない俺は名乗り出た。
 
俺「すみません、あの、英語であれば多少はできますが…」
 
消防隊員4「え?ほんとうですか!?ちょっと来てください。」
 
白人のところまで連れてかれて、
 
消防隊員「どのぐらいガス吸ったかきいてもらえます?」
 
2度目の詰み。いきなりそんなこと聞くのなんて想像していなかったから、言葉に詰まる。なんて言えばいいの?ガスどれだけ吸ったかなんて。
 
なんとかつまりつまりしながら英語にする。うまく伝わらない。消防隊員もそれがわかって、質問を変える。
 
消防隊員「今体調悪いかどうか確認してください。」
 
俺「~~~~~(英語)」
 
白人「No」
 
消防隊員「家族がいるかどうかを。」
 
俺「~~~~~(英語)」
 
白人「YES」
 
消防隊員「住所氏名などを」
 
俺「免許証はあるか?(英語)」
 
白人「Yes.」と言って取り出す。
 
住所を見ると東京都の某所の住所だった。住所が一致しているか、ここに家族がいるかも合わせて確認し、その旨を消防隊員に伝言。
 
消防隊員「間もなく救急車も来るので、しばらく待つように伝えてください」
 
俺「~~~」
 
待っている間、どれだけ俺たちが心配したと思ったんだ!?といったら、素直にすまない、と謝られた。
 
なぜこんな異国の地で一人寂しく、家族もおいて行こうとしたのかも聞かずにはいられなかった。でも、さすが白人、個人的なことは「It’s personal.」でぴしゃり。答えない。
 
ちなみに白人は英国人だった。まぁ、そんなこんなで俺たちは帰ることに。
 
消防隊員に「では、そろそろ帰ってもいいですか?」ときいて、許可をもらい、バイクにまたがり駐車場を後にしようとする自分たちに、消防隊員はおざなりの挙手の礼ではなく、腰を曲げての正式な礼で送ってくれた。
 
ちなみに、この間ずっと指揮車だけだったのだが、バイクで県道に戻ったら、そこが赤色灯の海。ポンプ車複数台、レスキュー車、救急車、警察車両複数。
 
そりゃそうだ、ヘタレな俺が肝心な車の詳細な情報を伝えていないのだから、中には複数の人がいて、いずれも要救護の状態で、なおかつ車はカギがかかっていてこじ開ける必要がある、そんな最悪の状況を想定していたんだろう。
 
ふもとの市街地に着いた時は朝5時頃で、うっすら紅色に染まる富士山が綺麗だったよ。
 
その後、あまりの非現実的な出来事で思った以上に体力を消耗した俺たちは、ファミレスで食事をとった後、家路についた。
 
そんな俺たちのバイクは、人の命を救えた?というかBADエンドではなかったことからの開放感で普段より車体が軽かったのは言うまでもない。
 
以上がことの顛末だ。見てくれたみんな、有り難う。

引用元:パラノーマルちゃんねる

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます