eye

これに似た怪談を聞いたことがある。
実話かどうかは知らない。
オレの知っている話はこうだ。

中秋過ぎた秋の夜、神社の傍を通ると鳥居の脇に何かがうずくまっていることがある。
なにせ夜なので遠近がよく分からず、どのくらいの大きさなのか分からない。

ネコにしては大きいなと思い近づくと、昔流行ったMA-1を羽織り、黒いジーンズにサンダル履きの男が膝を抱えている。
「おまえ神社の中に入るのか」と男が尋ねる。
「入りません」と答えると、「そうか」といって男がサングラスをはずして追ってくるらしい。

男はとてつもない形相で見ると絶対に腰を抜かしてしまうので、逃げるのであれば絶対後ろを向いてはいけない。
追いつかれると男とおなじ顔にされる。

神社は入り口が二つ以上あるので神社の中に入って裏から抜けられれば逃げられる。

走っている最中、境内で灯りが見えても絶対にその方に寄ってはいけない。

灯りのほうに走って逃げると、それは小さな社で、社には窓があり、中は三畳の畳が敷いてあり、その向こうは障子になっている。
障子は10センチ空いていて、人のよさそうなおばさんが座って横を向いて談笑しているのが見える。

やれ助かったと思って窓をバンバン叩くと、障子の左側がすごい勢いで開いて、白装束で白目の大男が灯りの下をこちらに3歩で歩いて来て、すぐにつかまってしまう。
神無月の神社には気を付けよう。

そういう話。

引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?13

引用元:何これ・・・怖い

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます