eye

芸人、水道橋博士の話。

みなさんお笑い芸人ですから、ファンとか追っかけとかいると思うんですけど、その中にも、ちょっと痛い子っていますよね?まあ、ストーカー化するみたいな・・・。
でも、若手のストーカーっていうのは、セフレとの別れ話がうまくいかなくて、そういうストーカーみたいになってたりする事もあったりして・・・。

まあ痛い子の判別の1つとしては、自宅の住所をファンの子が知ってるっていうのは1つありますよね。
まあ、その子も熱烈なファンだったんですけど、自宅に手紙が届くようになったんです。
手紙が届くって事は、自宅の住所がわかってるんだなと。

で、ポストに落書きとかをするんですよ。
となると、もう自宅の住所がわかってるだけではなく、自宅まで来ているんだなと。
あとは、車に口紅で「スキ」って書いてあったり・・・。

で、話しを少し戻すんですけど、セフレかどうかっていう事で言うと、その子のアダ名は「ミザリー」なんですよ。
映画の「ミザリー」をご覧になった事があるかわからないですけど・・・その方に似ていて・・・おばさんなんですよ。
ですから、僕の中の線引きでは、そういう対象だったり関係でない事は明らかなんです。

それである日、仕事が終わって家に帰って、当時、僕は後輩芸人と一緒に住んでたんですけど、その後輩芸人が、「今日は鍋が出来ております。」って言うんです。

「鍋?」って聞くと、「婚約者の方が来られて、鍋を作られて帰られましたよ」と・・・。

僕:「え?お前婚約者って・・・?」

後輩芸人:「いや、ええ、かなり歳のいった方だったんですが・・・」

実は・・・ミザリーが婚約者と偽って鍋料理を作りに来てたんです。

それで、その彼女から頻繁に手紙が来るようになったんです。
そんなある日「今度会わせたい方がいるので、ライブにお連れします。」って手紙が届いたんです。
怖いなあと思いつつ・・・。

そのライブはうちの事務所なんで、僕がトリで出ていくんですよ。
頭の片隅に、そんな手紙もあったなあ・・・と思いつつも、出ていった舞台で客席を見たら、うちの父親がいたんですよ。

岡山県倉敷市出身で俺のライブなんか一度も見たことのない父親が突然客席に居て、その親父が仲良くしゃべってるのが、ミザリーだったんです。
親父の隣に居るんですよ!
それで、なんか見てると親父はメロメロなんですよ・・・。

舞台から帰ってきて楽屋にいたら、親父がニコニコしながら来て、「やっと結婚してくれる事になったか」と・・・。

そしてまあこの後の話があって・・・ちょっとこれは面白い。
ここまですごい人がいるのかと・・・。

次のライブは、お客さんに何の説明もなく、「実は僕、今ストーカー被害にあっているんです」と。
今まであった話しをボードに書いて説明したんです。

みんなゾワッっとしている中で、急にスポットライトを当てて、「今そこに居ます!」って、その子を指さしたんです。

そしたらその子がそこで、「うぁぎゃぁぁぁぁぁ」って暴れだしたんです。
そこに羊たちの沈黙のテーマミュージックを流したんですよ。

それで連行されていくミザリー・・・。
あの、今もまだそのミザリーは若手芸人のライブに行っているそうです・・・。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます