6db958b5-s

八王子に住んでた時の出来事。

俺は大学に通うため
千葉から上京して一人暮らしをしてたんだが、
市内で3回アパートを変えてる。

その2回目に引っ越したアパートでの出来事。

俺には同棲してた彼女がいた。

2回目に引っ越したアパートは
元々古い木造アパートを
最近になってリフォームしたものだった。

部屋の構造が実に個性的で
気に入って契約したんだ。

どんな構造だったかというと、
俺の部屋は2階の角部屋で、
階段が直接俺の部屋のドアだけに直結している
いわば俺専用の階段があった。

その階段の脇に
車1台止められるスペースも気に入った。

部屋の中はドアを開けて右にキッチン、
正面にトイレ、左には階段、
その隣にはリビングの入り口。

階段を登ると、右にドアがあり、
屋根裏部屋があるのだ。

俺はこの屋根裏がめちゃくちゃ気に入った。

そんで住み始めて間もなく異変が起こった。

彼女も部屋をとても気に入って、
ある日一緒に部屋で酒を飲んでた時のこと。

リビングでテレビを見てたとき、
玄関のドアが「ガチャ」と音を出した。

俺と彼女はすぐ気づき、
彼女はビビリMAXに入っていた。

俺は

「気のせいだよ、外の風だってw」

俺も内心はビビリMAXである。

その時また「ガチャ」と音がして、
さすがに俺はここで音の原因を確かめにいって
彼女を安心させなくては彼氏の名が廃ると思い、

「マジでなんだろうね?ちょっとみてくるわ」

内心は泣きそうである。

そんでドアの前に立ったそのとき、見た。

見ちゃったの。

ガチャって音とセットに
ドアノブまで動く映像を。

俺はもうビビリを越えて
思いっきりドアをバンって開けたんだけど。

まぁ皆さん想像どうり誰もいないんですよ。

もう恐怖どころじゃない。

俺は彼女に

「なんかゴミがひっかかってたw」

と、嘘を言って安心させたが、
俺は心臓はち切れそうなくらいパニックになってた。

早く忘れよう。

酒のんで忘れよう。

と、酒に手をかけた。

俺は酒に弱く、
すぐラリってしまうほうなんだが、
その日はなんだかおかしかった。

そんなに飲んでないのに、
息が上がり、意識が朦朧とし、
目の前が黄色いフィルムを通して見てるような、
まぁとにかく本能的に

「やばい。死ぬか失神のどっちかだ」

ってとこまでなった。

俺は半分パニックになって彼女に

「きゅ、救急、救急車、よ、呼んくぁwsでrftgyふじこl」

救急車が到着して、
隊員の人に担がれ病院に運ばれた。

医師いわく、過換気症候群という、
ストレスからくる一時的な症状といわれた。

別に俺にはストレスはなく、納得いかなかったが、
その日は無事にタクシーで帰路についた。

俺はヘタレなので母親に相談した。

余談だが俺の親は元々霊感が強く、
俺は半分馬鹿にしていた。

が、今回の相談で
親の霊感を連想させるような言葉を
投げかけられるとは思いもしなかった。

母「あんたそれ憑かれてる時もなる症状だから
気をつけなさいよ本当に」

俺は内心、いや普通に焦った。

俺はその日から部屋に一人でいると
過換気症候群によくなるようになった。

ヘタレな俺は引っ越してばっかなのに
早く引っ越したくてしょうがなくなった。

次の日から、
なるべく一人で部屋に帰らないように、
大学が終わったらスロットいったりして時間を潰してから
彼女を会社まで迎えにいって一緒に部屋に帰る毎日だった。

そんで1ヶ月くらいしたときのこと、
彼女を車に乗せて
アパートの駐車場の前まで来たときにだった。

前にも書いたが
俺の駐車場は俺の車1台分のスペースで、
ちょうど階段を下りた脇にあるんだけど、
その日、その俺専用駐車場に人だかりが出来ていたんだ。

しかもみんな喪服。

お坊さん1人。

俺専用駐車場の真ん中に花束、線香。

俺、彼女、大大パニック。

俺は車を端に止めて駆け寄り
お経を読んでいるお坊さんを無視して
事情を説明してもらった。

お坊さんは

「もう大丈夫ですから
心配しなくていいですよ(ニッコリ)」

はぁ?

わけわかんねーよ
その前になんでこういう状況になってるのか説明してくれ

といったら、
喪服をきた50代くらいのおばさんが、

「うちの主人がねぇ、ここで自殺しちゃったのよ。
ごめんねぇ迷惑かけて」

俺、開いた口塞がず。

どうやらその自殺は俺が引っ越してくる前の出来事で、
俺の部屋の前の住人が自殺者だった。

俺は

「なんでいまさらココでこんなんやってるんですか?」

と、聞いたら、お坊さんが、

「まだ成仏できてないみたいなんだけど
もう大丈夫ですから。」

まだ成仏できてないって…。

もう大丈夫ですからとかいわれても
俺はもうそのアパートにはいられず、
大家に文句いってすぐ引っ越したのでした。

ちなみに引っ越してから症状はピッタリ止んだ。

引用元:怪談・怖い話まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます