eye

引用元: ・ 洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part37

624: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/13 18:59

友達のから聞いた話

友達はの会社の総務部に勤めている。
さほど大きい会社ではないので、部といっても部長を含め3人しかおらず
新人採用の面接なども総務が行っていた。

一昨年の新人採用の面接での事。
その日最後の新人面接は短大出たての女性だった。
リクルートスーツを着た初々しい感じの子だったそうだ。
入り口ではきはきと挨拶して、折りたたみ椅子に腰をかけた。

その時友達は彼女の太腿から、何か赤っぽいものがのびている事に気付いた。

まさか? 生理?

友達はとっさにそう思った。彼女もその視線に気付いたのか、ちらと膝元を見やったが、
とくに気にする様子もなく、すぐに顔をあげた。
部長も気付いているのかないのか、型どおりの質問を始めた。
友達も気付かないふりをして、書類に目をむけたのだが、どうしても気になる。
ちらりと目をむけてみると、それは濃いピンク色をした紐のようなもので、
彼女の足元に絡み付いている。
くるぶしの後ろあたりに、小さな塊が二つ、かすかにうごめいて見える。

胎児・・・?

そう思ったとたん、二つの塊がこちらに顔を向けた。
ビーダマのような目がはっきりと友達を見た。

625: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/13 19:00
気が付くと、面接は終わっていた。
挨拶をして扉から出る彼女の足元を再び見つめてみたが、
そこには何もなかった。「面接中に妙なところジロジロ見てるんじゃない」

当然友達は部長に叱られたが、今見たものが生々しく、
目の錯覚とも幻覚とも思えなかった。
友達がそれを説明しようかどうか躊躇していると、部長がぼそりと言った。

「成績も態度も申し分ないんだが、あの子は見合わせた方がいいな・・・」

え? と思って友達が部長を見直すと

「お前も見たんだろ」

そう言って部長は手を縮め、胎児の格好をして見せた。

引用元:オカルト速報

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます