c0293092_17514140

ある日、高校卒業式の後のことです

仲良しだった3人組は、思い出に写真をテレフォンカードにしようと言いました。

さっそく写真を撮り、専門店に持っていき、テレフォンカードにしてもらいました。

「絶対使うなよ!!」

そう約束して解散しました。

 

普通の会社に就いたB君。

ある日、会社の飲み会で帰りが遅くなったので、お父さんに来てもらうことにしました。

持ち合わせがなく、あったのはあの時とったテレフォンカード。

バレなきゃいいやっと思いつつ、そのテレフォンカードを使ってしまいました。

 

翌日、Bの家に一本の電話が入りました。

電話の向こうからは、泣き崩れるA君の両親。

話によると昨日の晩、改装中のビルの下を通りかかったとき材料のパイプが落ちてきて額を貫通し、即死だったそうです。

その時です!!

一本のキャッチが入りました。

「はい、もしもし。。」

電話の向こうからは、工事中の騒音とうっすら聞こえる声。

「使うなっていったじゃんかよ・・・」

B君は恐ろしくなってテレフォンカードを見ると

A君の額に、消費した時にあく穴があった・・・

引用元:怖い話都市伝説まあとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます