eye

昭和四十九年の話です。

私は中学二年でした。
その年の新年、暮れから入院していた女子生徒が亡くなり、クラス全員が葬式に出席しました。
式が終わって数日たった後、担任の男性教師がこんな話を教室でしました。

・・僕がクラスを受け持つ度たびに、女子生徒が死ぬ。今回もまた死んだ。
僕は、恨みを受けているのかもしれない。
というのは・・・

以下は教師が語った内容です。

・・・僕は、教育大学の学生だった頃、知り合いに誘われて、屠蓄場でアルバイトをしたことがある。
その頃は、まだ屠蓄の方法が確立されていなかったので、ハンマーを手に、随分むごたらしい殺し方をしたものだ。
小さな兎なども逃げ回るのを追い回すして、潰して殺した。
コンクリートの床が流れ出た血で、真っ赤だった。・・・

その教師とは、十数年前に同窓会で会いました。
今はどうされているのでしょうか。

引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?8

引用元:何これ・・・怖い・・・

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます