eye

170 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/02/28(日) 22:50:45 ID:06jlyECR0 [1/2回(PC)]
昨晩宿泊した旅館での出来事。
とある地方に旅行に出掛け、老舗旅館に宿泊した。
その都市は、全国でも有数の大神社がある場所。

私がチェックインした時、その神社で神前結婚式を挙げた人達が
その旅館で二次会をして大いに盛り上がっていた。
自分は「盛り上がっているなあ」と思うくらいで、疲れていたのですぐに寝てしまった。

夜中の三時位に目が覚めた。丁度その時、自分の部屋の前の廊下をドタドタと物凄い足音を立てて
誰かが走り抜けていった。それを聞いて、「結婚式の二次会で興奮して眠れない子供が走り回って
いるのだろう」と思ってすぐにまた寝入ってしまった。

5時半位にまた目が覚めた。
その時もまた、廊下をドタドタと大きな音をさせて誰かが走って行った。
「うるさいなあ」と思いつつ、「今度走り回ったら、しかってやろう」と思っていた。
結局、廊下をドタドタと走る音はそれっきりしなくなった。

朝起きて部屋を出て、唖然とした。
廊下は真ん中に扉があり、仕切られているのだ。(隣の部屋とのプライベート確保の為?)
夜だけその扉で、廊下を仕切っていたようだった。チェックインの時は扉で仕切られていなかった。

171 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/02/28(日) 22:54:10 ID:06jlyECR0 [2/2回(PC)]
扉が閉まっていれば、とても足音をさせて通り抜けられる長さではない。

チェックアウトの時、旅館の女将さんに言いました。

私:昨日は結婚式の二次会で、大賑わいでしたね。
女将さん:ええ、おかげ様で。
私:お泊まりは何人くらい居らっしゃったのですか。
女将さん:へえ?お泊まりはあなた一人だけですよ。
この時期は宿泊客は少ないのですよ。

私が聞いた廊下を走り回る足音は何よ。
二回も聞いたし、空耳ではないはず。
部屋で寝ている時は、金縛りにも遭わなかった。(当方霊感全くナシ)
夜中の足音は別に怖くとも何ともなかったが、それよりもあんなでかい旅館に
一人で宿泊していた自分が怖かった。

引用元:オカルト遅報

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます