eye

自分の恐怖体験を書かしていただきます。

1ヶ月ほど前に夜中友達と4人で群馬と埼玉の県境にあるでると有名なダムに行ったときのことです。

自分が車を運転してA君が助手席に座り、B君とC君が後ろの席に座って行きました。

ダムに着いて車から降りてみましたがなにも起こらずみんなも「なんもねーじゃん!(笑)」とか言いながら

期待はずれだったので帰ることにしました。

帰ってる途中に後ろの席に座ってるB君とC君が気持ち悪くなったらしく寝てしまいましたが、

10分ぐらいしたらB君とC君が一斉に起きだして

2人で口を揃えて「ぅわっ!今後ろから女の人の声聞こえた!」と言い出しました。

この時女の人はいなかったので有り得ないことなんですが…

この時は「なに嘘ついてんだょ!なんも怖くねーょ!(笑)」とか言って終わったのですが、

自分が次の日にバイトの帰りで明け方車で帰っていると取り締まりをしてた警察に止められて、

「スピードも出してないしシートベルトもしてるじゃないですか!」というと警察は「そうじゃない違うよ。

ダメでしょ!後ろから顔ださしちゃ!」自分が「自分しか乗ってないですよ!」というと

「女性の方が顔だしてたよ!」とか言いだしたので、怖くなり前日のことを話すと警察の人は信じてくれて、

「絶対お祓い行きなさい。」と言ってくれて解放してくれました。

今でもバックミラーが気になります。

引用元:怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます