cc-library010010165

98 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 15:12:30 ID:ZSOxtnJ0P
高校受験前の塾での話。

俺の行ってた塾は隣の中学との学区境で、
塾だけの友達とかも出来たから、結構楽しく通ってた。

ある日曜日、塾での自習を早めに切り上げて、
塾友数人とカラオケに行くことにした。
そのなかにいわゆる軍事ヲタの山内君ってのが居て、
ガスガンとかナイフとか
普段から持ち歩いている危ないやつだった。
安いけどちょっと遠いカラオケに行き、
帰りは俺と山内君が同じ方向だったので一緒に帰ることに。

何か見たような気がして、
今通り過ぎたばかりの路地裏に目をやると、
薄暗い中に女の人が大の字で寝転がって居るのが見えた。
「あれ!酔っぱらいじゃね?」と山内君を呼び戻すと、
彼も俺も顔を見合せ、一気にエロモード。
道路で寝てる酔っぱらい女なら、
おっぱいとか見たり触ったり出来るかも!
いそいそと近づくと、それは白いワンピースを着ては居るが、
酔っぱらい女じゃなかった。

つづく

99 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 15:26:10 ID:ZSOxtnJ0P
つづき

いわゆるダッチワイフ?
しかもあまり出来の良くないやつで、
手足は関節もなく棒状でつるんとしている。
顔の部分はうつ伏せで見えないが、髪はロングヘアーだった。
「なんだよ~w」「いや、これはこれでw」などと笑ってたら、
山内君はガスガンを鞄から取り出した。
「なにすんの?」「ん?射殺w」と、いきなりダッチに発砲。
肩の部分に銃弾が当たると、それは予想外の反応をした。

ぶるん

体全体がゼリーで出来ているみたいに震え、
ブレイクダンスのように四肢が波打つ。
この時点で俺は気持ち悪かったんだけど、
山内君は面白がって連射した。
ぶるんぶるんと震えたゼリーダッチは、
突然芋虫のように体をくねらせながら、
俺たちににじり寄ってきた。

つづく

101 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 15:34:08 ID:ZSOxtnJ0P
つづき

「うわっ!」「う…うわっうわっ!」
ビビった俺らはダッシュで逃亡。
路地の出口付近までは
「びだびだびだ!!」って感じの音が聞こえたから、
多分追いかけて来たんだと思う。
でも路地を出れば結構人通りのある道なんで、
そのあとは追いかけられる事は無かった。
2人で「なんだあれ~?」と涙目になり、その日は帰宅。

次の日、他の塾友が見たいっていうから大人数で見に行ったが、
そこにはゲロが散らかってるだけでゼリーダッチは居なかった。

あれは何だったんだろう…未だに謎です。

ほんのりと怖い話スレ その65
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1273390860/

引用元:だいたいオカルトです

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます