eye

 

4年程前になるが、関東某県の田舎町での出来事。

会社からの帰路、俺はいつも決まった農道を使っていた。
畑がしばらく続き、密集した民家が立ち並び、また畑とがあり、その道を抜けていくと、国道につながる大通りに出る。
ただ、夜の農道は照明も少ないので、少々不気味。
無論明るい他のルートもあるのだが、農道を通り抜けたほうが断然近道なので、あえてその道を使っていた、コンビニに寄る用事などがない限りは・・・。

その日も仕事を終えて、俺は農道を走っていた。
時刻は夜の10時半頃。

大概の農道に言える事だが、その近道の難点は、道幅が狭い事。
畑と畑の間の土手に、道路を敷いた感じで、ガードレールも民家付近にしか無い。
大型車は進入禁止だが、4トン車レベルの対向車が来たときには、結構難儀する狭さだ。
だから近道ではあるが、通るときはせいぜい40キロ位で走っていた。

住宅地から畑に差し掛かった時、車の右側から声が聞こえた。

「待って」

若い女というより、女の子のような声。
窓は閉め切っていたのにもかかわらず、はっきり聞こえた。
びっくりしてミラー越しに右後ろを見るが、それらしい人は見えない。
前後に車も見えなかったので、俺は減速して車を停めた。

振り返ってみる。
でも、誰も居ない。

何となく薄気味悪くなって俺は車を走りださせた。

するとまた声が。

「待って、待って」

更に足音まで聞こえた。
パタパタと走る音。
後ろから聞こえてくる。
バックミラーを見ると、子供の姿が見えた。

ちょうど数少ない街灯の脇を通った辺りだったので、それを判別できた。
赤いゆったりした服、パーカーかトレーナーかを着ていて、長い髪が揺れていた。
女の子のようだった。

必死に叫びながら車を追い掛けてくる。
どうしたのだろうと車を停めようとして、俺は固まった。
車は40キロで走っているのに、少女はぴったりと付いてきていた。

加速した。

ちょうど民家の辺りは道がくねっているので、危ないとは思ったが、それどころではなかった。

近づいてきていた。

ミラーを見ると、すぐ後ろに居た。
赤い服だと思っていたが、そうではなかった。

元は白かったのだろう・・・。
女の子の顔は血まみれで、その血が服にしみ込んでいた。
パーカーの胸から上辺りは真っ赤。

何キロ出したか覚えていないが、相当危険な運転をしていたと思う。
女の子は息も切らさずに、ぴったり付いてくる。

「待って、待って」

そればかり言いながら。

早く大通りに・・・人が居る場所に出られれば・・・。

そしてあと一息で大通りに出るといったところで、急に後ろの気配が消えた。
俺は一気に最後の上り坂を上った。
信号は赤で、目の前には車がバンバン走っていた。
急ブレーキを踏んで停まった。

停止線を大きくはみだしたが、幸い事故は起こさなかった。
「はあ・・・・」と安心した瞬間、バタンと助手席のドアが閉まった。
開いた時の音は聞こえなかったのに・・・。

助手席を見ても、後部座席を見ても誰も居なかった。
ただ、車の中が異様に寒くなっていた。
怖さを紛らわす為に、携帯で彼女に電話をした。

彼女が出た。

俺は少し安心して、会話を始めた。
彼女がかなりの恐がりなので、その出来事には触れずに、できるだけ馬鹿な話をした。

話の途中で雑音が入った。
彼女では無い、女の子の声が聞こえた。

何を言っているのかは分からなかったが、ぶつぶつと声は続いた。

「何か音悪いね」

彼女がそう言った瞬間、すごい笑い声が聞こえた。

”あの”女の子の声で・・・。

その後どう帰宅したかは覚えていない。
その後は女の子らしきものも見ていない。
車は少しした後、あちこちが故障したので廃車。
俺は今のところ健康。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます