eye

最近2ちゃんで、とあるコピペを見つけた。

それを見て、忘れかけていた、数年前に起きたとある事件を思い出したので、ここに書こうとおもう。

たしか、今から5年前の夏休み。

俺が中学生の頃、実家のすぐ近くにあるお寺で、盗難事件が発生した。お寺の2つある宝物庫のうちの、1つの中身が盗難にあったらしい。

それだけならただの盗難事件なのだが、何か様子がおかしかった。うちは代々そこの檀家を勤めているのだが、うちも含め、檀家や周辺の家の人たちが事件の翌日に集められ、大人達で何事か話し合っているようだった。

当時俺はガキだったので、色々大変なんだな、としか思わず、その時はあまり気にしていなかった。

数日後、俺や同い年の従弟やその他数人の友達が、お寺の裏山でエアガンでサバイバルゲーム(というかごっこだなw)をしていると、和尚さんが俺達のところへやってきて、
「○○(俺)と○○(従弟)、ちょっと来なさい。話があるから」と呼ばれた。

俺たちは、お寺の裏山で大騒ぎしていたのを叱られるのだ、と思い、ビクビクしながら和尚さんについていくと、和尚さんはお寺の本堂に俺達を入れて、「ひとまず座りなさい」と俺達に促した。

和尚さんはほんとうに神妙な顔つきで、俺と従弟は、こりゃまずいな…と縮こまっていると、予想とは裏腹に、説教ではなく別の話をし始めた。

和尚さんの話は俄かには信じられず、何か荒唐無稽な話に聞こえたが、とにかく、真剣な顔つきで話していたのを覚えている。

その話というのは、和尚さんによると、

2つある宝物庫のうち、1つは確かにお寺に伝わる経典や仏像など、価値のあるものを収めているのだが、もう一つの宝物庫は、宝物庫とは名前だけで、別の物を保管しているらしい。

その『別の物』とは。

元来お寺や神社には、不吉な物や呪物などを、『お払いして欲しい』或いは『引き取って欲しい』と頼み込んで来る人が、結構どこでもいるとか。

しかし、普通は気のせいや偶然が重なっただけの物が多く、基本的にそういう物の受け取りは拒否するか、気休め程度に祈祷をして、本人に納得してもらう方法を取っているらしい。

しかし、どうしてもと押し付けられてしまう場合や、稀に本当に危険なものが持ち込まれるため、その場合は仕方なく引き受けるらしい。

その倉庫には、そういった『いわく付き』の品々が収められていたとか。これら『いわく付き』の品物の数々を、時間をかけてお払いするために、倉庫は存在していたわけだった。

ただし、そうやってお寺に持ち込まれたものは、金銭的な価値があるようなものではなく、ただ単に霊的、或いは祟りとして危険なだけなものなため、普通は盗まれるなんて事は無い。

しかし、今回そういう『いわく付き』のものが盗まれてしまった。盗まれたのは2つらしいが、そのうち1つが、俺の一族に縁のある品物らしく、その話をしておきたいと呼んだという。

今回盗難事件にあったのは、要するに『いわく付き』の品物がある倉庫の方だった。泥棒は、警備の厳重なほうの宝物庫に、価値があるものがあると考えたのだろう。

『いわく付き』の方の宝物庫は、外に出してはいけない物がいくつもあったので、本来の宝物庫よりも、ずっと施錠などが厳重だった。

盗まれた『いわく付き』の品物2つの説明をすると、一つは一振りの日本刀、もう一つは金でできた仏像らしい。

俺は、なるほど、売れば高そうだな、と思った。

刀のほうは俺の一族とは無縁なため、説明は大雑把にするだけにするが、これは和尚さんの先代が住職を勤めていた頃、男の人が「とにかくこれを引き取ってくれ」と持ち込んだもの。

当時の住職は、「許可が無いと犯罪になってしまうから」と断ったが、無理に押し付けられるような形で、その男の人は置いていってしまったのだという。

その刀は和尚さん曰く、

「専門家でないから価値はわからないが、相当に古いもので、なぜか銘の部分が削り取られていた」らしい。

ちなみにこの刀は、「所持していると自分が人を切り殺す夢」を何度も見てしまうというもので、持ち込んだ男の人は、「そのうち自分が人殺しをしてしまうのではないか」と不安になり持ち込んだとか。

ちなみに、住職はその話を信じていなかったが、引き取ったその日から、本当に自分が刀で人を切り殺す夢を何度も見るようになってしまい、これは大事だと、『いわく付き』のほうへ保管したとか。

銃刀法関連は、当時の住職が警察と話し合って、詳しくは知らないがどうにかなって、
今までお寺に保管されていたらしい。

そしてもう一つの、金でできた仏像。これが俺の一族に関係する物だった。ちなみに仏像と呼んでいるが、実際は和尚さんがいうには、

「今までこんな形の仏像は見た事が無く、便宜上形が似ているためそう呼ばれていただけ」のもので、厳密には仏像ではない。

この仏像という像は、今から150年近く前、俺のご先祖様が地元で起きた大洪水の翌日、土石流の片付け中に、泥と瓦礫の山の中から見つけた品物。

金で出来ている事や、見た目が仏像に似ていることから、何かありがたいものであろう、ということで持ち帰り、そのまま家の仏間にかざっていた。

和尚さんが言うには、洪水で山の上のほうから流れてきたのではないか、との事だった。
(ただし、俺の地域は元々山深い場所で、俺の住んでいた地域より上に村などは無い)

その像を持ち帰ってから数日後。あちこちで異変がおき始めた。始めは家で飼っている猫や家畜が、謎の病気で死にはじめ、それはご先祖様の家だけでなく、周辺の家々でも起き始めた。

更に暫らくすると、子沢山だったご先祖様の家の子供が次々と死に始め、10人いた子供が、たった半年の間に3人にまで減ってしまった。当初疫病かと思われ、村で様々な対策がされたらしいが、何一つ効果が無かった。

ご先祖様の家以外の子供が死に始めた頃、その金の像に、ある異変が起きている事に気が付いた。拾ってきた当初、その像は無表情に近い顔をしていて、感情を読み取れるようなものは何も無かった。

しかし、ふとご先祖様が像を見てみると、明らかにニヤニヤという感じの、笑い顔に表情が変わっていたとか。

更に不気味な事に、像の足元辺りから上のほうへ、まるで血管のような赤い線がいくつも伸び始めてきていた。

当初は「気のせいだ」と見なかった事にしていたご先祖様だが、その血管のようなものが、人が死ぬたびにどんどん上のほうへ広がっていくのを見て、これはもう手に負えないと、当時のお寺の住職に持ち込んだらしい。

金で出来ていたので、手放すのが惜しかったというのもあるだろう。

当時の住職は、像の噂は聞いていたが、一度も見た事は無く、その日初めて像を見たらしいが、一目見て「これは危険なものだ」と感づいたらしい。

像が何のために作られ、どうやってこの村へやってきたかは分からない。しかし、相当に危険な呪物である事は間違いが無く、このまま放置しておけば、村が全滅しかねないほど危険だったため、当時の住職は、すぐにお払いの祈祷を始めた。

しかし、祈祷を始めてから数時間後。 その住職は両目両耳から血を流して、恐怖に歪んだ表情のまま死んでいるのが本堂で発見された。死因は不明。

ただし、像が何らかの形で関係しているのは間違いなかった。なぜなら、祈祷をする前には、腰の辺りまでしかなかった血管のような模様が、一気に首の辺りにまで達していたから。

それを見た村人たちは、これはもう手に負えないと、像をどこかに捨てる計画を立てていたらしい。

次に本山からやって来た住職が、

「一度に御払いをするのは、恐らく危険すぎて無理だろう。お寺で災いが外に漏れぬよう保管をして、何代もかけてゆっくり穢れを浄化するしかない。捨てて解決できるようなものではない」

と村人達を説得し、現在まで少しずつ祈祷で呪いを払いながら、お寺で厳重に保管されてきていた。

長くなってしまったが、ここまでが和尚さんが俺達に話した、盗品に関する『いわく』の話。

和尚さんは、続けてこんな話をし始めた。

ここ数年(当時で数年なので今からだと10年ほど前)、お寺や神社の宝物庫への窃盗事件が増えており、どうも大半が、外国人の窃盗団によるものらしい。

ここで問題となるのが、最初に書いたとおり、『問題のある品物』を、便宜上宝物庫と呼ばれている場所に保管しているお寺や神社は、ここ以外にも多数あり、そういった品物が、やはりあちこちで盗まれているとか。

当時から少し2ちゃんをやっていた俺は、コピペなどで情報を得ていたため、「ああ、かの国の窃盗団だな」とすぐに分かり、和尚さんに聞いてみたが、曖昧な返事しかしてくれなかった。

その代わり、別の話をしてくれた。仮にの話として、もし一連の寺社への窃盗事件が、かの国の窃盗団によるものだとすると、『いわく付き』の品物が次々とかの国へ、何の保護措置もしないまま送られ続けている事になる。

これは非常に危険な行為で、一つの国に何の措置もしないまま、無秩序に『いわく付き』の品物が集められたら、一体何が起きるのか想像も出来ない。

「普通、そんな何の利益にもならない、バカな事をする人はいないだろう」と和尚さんは言っていた。

おかしな話だが、呪いの類にも、人間関係のような相性があって、人で喩えるなら、意気投合するものもあれば、性質が合わずに反目しあうものもあるらしい。

そういったものが何の規則性も無く、制限無く集められていっているとしたら「恐らくとんでもない事になる。何が起きるのかは分からないが…」とも言っていた。

そこで俺は、こう和尚さんに言ってみた。

「でも、外国に持ち出されたなら、俺達は安心じゃん。その国にいかなければ害も無いでしょ?」と。

しかし和尚さんは、
「そうではない。仮に行かなくとも、これだけ大きく無秩序な呪物の集合の場合『縁』を持っただけでも危ない。『縁』が軽い場合や一時的なものだったとしても、一体どういう影響があるのか全く予想も出来ない。もしお前達が『縁』を持ちそうになったら、何があってもそこから逃げろ」と言われた。

これが当時、俺が聞かされた話の全て。ぶっちゃけて言うと、俺はこの話を信じていなかった。

だから最近まで、ほぼ完全に忘れていたのだが、そこで最初に話した、あるコピペが関係してくる。そのコピペを見て、もしかしてこれがその影響か?と直感的に感じたから。

以下がそのコピペ。

新種の精神障害『危険水準(2004年)』
――前頭葉が破壊されてる韓国人激増。火病と同根かも知れないがこれは脳損壊である

・症状は、前頭葉の損壊――最も高度な部位。創造的な文化が皆無なのにも理由があった訳。

・1997年~2004年で子供の発病率が100倍に急増。遺伝子的欠陥なので指数関数的に蔓延する。

・現在2008年には、1997年(基準年?)の数千倍の発病率になっていても不思議じゃ無い。現在でも国民的な病だが、『子供の』発病が21世紀に入って急増したという事で、彼等が成人を迎える10年後辺りからは、民族としての、更なる壊滅的様相が想定される。
――これはもう、セルフ・ホロコーストになるかも…

時期的にも、窃盗団が日本に来始めた頃と合致する。俺は絶対に、かの国との『縁』を持たないようにしようと思った。無知というのは、ほんとうに恐ろしい…

引用元:超厳選怖い話ランキング

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます