ecorche_grassetti011

私の通っている大学で体験した恐ろしい話です。
ある時、学内にあるリフレッシュスペースという休憩室のような部屋で、私は友人と共に提出期限が明日に迫っているレポートを必死で書いていました。
しかし、予想以上に手こずってしまい、気がつけばすっかり日は暮れて、リフレッシュスペースには私と友人しか残っていませんでした。

2人で雑談を楽しんでいるうちに、よくあるパターンで雑談はいつの間にか恋愛話になっていたのですが、友人が突然こんなことを言い出しました。

友人:「先輩が教えてくれたんだけど、誰でも恋愛が必ず成功するジンクスがあるんだって。」

ジンクスという単語はマイナスの意味で使われるほうが多いんじゃないか?という疑問がありましたが、愚直ながら誰でも恋愛が成就するという内容に興味を引かれ、友人の話に聞き入っていました。

友人:「7号館の近くにある表現棟って知ってる?体操部が活動しているところなんだけど、あそこにある人体模型に願い事をすればいいんだってさ」

学校にまつわる噂話は色々と聞いていましたが、その話は初耳でした。
人体模型なんかに神頼みのようなマネをするのは想像するだけで滑稽でしたが、その場の雰囲気もあって友人と表現棟に行ってみることになったのです。

表現棟は学内のどの建築物よりも古めかしく、地震が起きたら簡単に崩れてしまいそうな感じでした。
友人の方を見ると、先ほどの恋愛話でのテンションの高さが嘘だったかのように黙り込み、表現棟の2階のある部屋をじっと見つめていました。

さすがに気味が悪くなってきたのですが、友人は「行こう」と言うなり表現棟にスタスタと入っていきました。
しかし私はその時の友人の後ろ姿を見て、とても不気味な感じがしました。
既に階段を上り始めていた友人に、「怖いからやっぱり帰る」と告げると、友人は「わかった、じゃあね」とだけ返事をしてさっさと上ってしまいました。

私は外で待っていようかとも思いましたが、そこにいるだけでも嫌で仕方なかったので友人にリフレッシュスペースで待ってるという旨のメールをしました。

30分ほど友人が戻ってくるのを待っていましたが、なかなか来ません。
友人は多少ルーズな面もあるので、表現棟を出て違う所に行っているのかもしれない?と思い、『今どこ?』とメールをしてみました。

すると、すぐに返信がきました。

友人:「全然ダメみたい、説得できなくて・・・あんたも早く来て手伝ってよ。」

文意が掴めない内容でした。
肝心な場所についての答えがありません。

私はそのおかしなメールが怖くなって、「すぐに戻ってきて!リフレッシュスペースにいるから。」と友人にメールしました。

すると返信が。

友人:「すぐには戻れないよ、説得に時間が掛かるから。表現棟の2階だから早く来てよ。」

恐ろしくて体が震えてきました。

話は通じているけど、明らかに言ってることがおかしい・・・。
冗談で私を怖がらせようとしているのか?と疑いましたが、文面にはいつものふざけた感じが全くなく、サークルや仕事での事務的なメールを受信した時と似ていました。

友人は人体模型を説得するのに手こずっているから私の手を借りたい、と言っているのだろうか・・・。

私は「もう帰らなきゃならないからごめんね。また明日。」とメールを送り、それ以上は深く考えないようにしました。

その後、友人からメールは来ませんでしたが、翌日、学校に行くと友人はいつも出席している1コマの講義にいませんでした。

心配した私は、友人の携帯に「大丈夫?昨日あの後で何かあったの?」とメールを送りました。
返信はすぐに来ました。

友人:「ちょっと体調崩して家で寝てるだけだから平気だよ。気遣ってくれてありがとう」

普通の反応に安心しましたが、立て続けに友人から2通目のメールが来ました。
そのメールを見て、私は友人に返す言葉が見当たりませんでした。

友人:「実は今朝、彼氏が自殺したんだ。今も警察とか色々大変みたい。意味分かるよね?説得できたんだよ、すごいでしょ。私自身が怖いくらいだもん」

それ以来、友人とは一度も関わりを持たないようにしています。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます