7f72f9f1

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?157-1

306 :本当にあった怖い名無し:2007/02/07(水) 18:33:25 ID:YUpgDr7cO
一年くらい前に、仕事が終わった後、煙草を切らしていたもんで、煙草の自販機を探していたんだよ。
もう夜中の2時でさ、クタクタなのに中々見つからなかった。
我慢すりゃあいいんだけど、仕事のことでイライラしていたし、眠いのもあってどうしても吸いたくてさw

車でキョロキョロしながら探してると、100mくらい先に自販機を発見した。
田舎道で真っ暗なんだけど、その自販機だけボーッと光っている感じ。
車から降りて自販機を見るとちゃんと販売してる。(外置きの自販機って夜中、販売規制してるよね?)
早速財布の中から300円出して、自販機に投入。ボタンを押したんだよ。
そうしたら、煙草の落ちる音がしたあと、自販機の電光表示に『ありがとうございました』って出た。
心の中で、どういたしましてって冗談で思った途端、自販機の電気が「パシッ!」って切れた。
うわ!なんだよ!ってびっくりしたよ。
だって灯りはその自販機しかないし、周りは何もない畑道だ。
危ねー。金呑まれなくてよかった・・と、煙草を取るためにしゃがもうとしたら、
自販機がいきなり再起動した。
蛍光灯がついて、なんか電光表示に起動メッセージが出た。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/02/07(水) 18:34:21 ID:YUpgDr7cO
まあ、接触不良かななんて思いながら、電光表示をもう一度見てると、
そこには『あえああえあああああ』と表示されてた・・・
流石に怖くなって、慌てて煙草を取ろうと手を突っ込んだら、
今度は「グニッ」と柔らかい感触が!
慌てて手を引いて走り車に乗り込み、もう一度自販機を見たら、
煙草の取り出し口の蓋がガタガタ揺れていた。

急いで逃げたね。
もう煙草とか言ってる場合じゃなかった。
本当に死ぬかと思った。

翌日、その道を通ったら、道端に花が供えられているだけで自販機はなかった。

316 :本当にあった怖い名無し:2007/02/07(水) 19:35:13 ID:YUpgDr7cO
後日談。

その一週間後、会社に早朝出社したら、机の上に、
その自販機で買ったはずの、濡れてシワシワになった煙草(マル○ロ○イトメンソール)が置いてあった。
最初は驚いたけど、ひょっとしたらさ、何か俺に伝えたかったのかな・・なんて思ったら、
切なくなって花を供えに行った。

一緒に行った彼女は、
「きっと・・同じ煙草吸っていたんだよ。だからお話したかったんじゃないかな。○○と・・」
と言っていたが・・・
ごめんな。
俺はもうちょっとこっちにいたいんだ。
彼女との結婚も決まったし。
またそっちにいったら一服しながら語ろうぜ。
って手を合わせてきた。

『享年28歳 2006年1月』
そんな文字が目の前で滲んだ。

引用元:見ちゃダメ!

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます