tetugakunoniwa

これは自分が高校生だった頃のお話しです。

今と同じ夏の出来事です、

毎日バイトが終わると友人達がたむろしている場所に出向きます、

約10名ほどの仲間で毎日夜な夜な集まり遊びに出掛けていたのですが、

その日は雨だったこともありバイトから直では行きませんでした。

家でシャワーを浴び、着替え、

ベランダから外を見てみると丁度雨が止んでいました。

今ならネットをしたりオンラインゲームをしたりと

退屈を持て余すこともありません、

しかし当時の自分達には仲間で集まり遊ぶことでしか退屈しのぎがありません。

うずうずした気持ちで単車にまたがり友人宅へ向かいます、

友人宅前でエンジンを吹かすとマズイので30m位離れた場所で一回吹かします、

(ヴォンヴォン)

そしてニュートラルに入れ友人宅前の通りにスゥーと横付けします、

すると二階の窓が開き小声で

「今、行く」とTが言いました。

『アレ、誰も来てないの?』

「今日、誰も来てない」とTが答えます、

暫くふたりで話していると同じくうずうずした気持ちでHが現れました。

「アレ、ふたりだけ?」

『うん』

「今日は路面濡れてるから峠無理だな」

『そうだね』

「どうする?3人だし」

「肝試し行かない?」

『どこへ?』「どこへ?」

「実は先輩から聞いたんだけど哲学堂でるらしいんだわ」

・・・・・・

それは、老婆が夜な夜な徘徊してると言う話しで、

なんでも未婚で妊娠してしまい、

哲学堂のトイレで出産をしたら醜い赤子が産まれ、

そのまま捨てて逃げたらしく、ここまではいいのですが、(よくない)

精神を病んでしまい精神病院に入退院を繰り返し、

(今は無き有名な心霊スポットの中野病院)

晩年は哲学堂を徘徊し、そして哲学堂の桜の木で首つり自殺をしたとか…、

それ以来、夜な夜な「ぼうや…、ぼうや…」と老婆が囁きながら徘徊してるとか。

哲学堂には入口に幽霊と天狗の像があったり、鬼燈とか、幽霊梅だとか、

あの世とこの世を結ぶスポットだとか、

結構霊がでると噂のスポットで、

なんかありそうだなってことで行くことにしました。

雨が降っていたせいもあるのでしょうか、

夏なのに若干涼しい、そして時刻は深夜2時の丑三つ時、

特に霊感らしいものを持っていない3人も、

哲学堂に着くと空気が変わるのが感じました。

まずは幽霊の像へ行こうとすると問題が、

哲学堂には閉園時間があり入れないのです、

ただヤンチャだった自分達は入れそうなところを探そうと

公園内をうろうろします。

『なんか入れそうなとこなくない?』

「ねぇーなー」

「ちょっと待った、便所」

『おお、行ってこい』

するとTが「おい、これちょっとなんだよ…」

自分等もトイレに向かいます、

するとそこには血にしか見えないどす黒い鮮血に染まった毛布らしきものが…、

なにかをくるんでるような感じで無造作に洗面台の上に…。

「なにこれ?なんかやばくない?」

『オレ血にしか見えない…』

「だ、だよな…」

「おい、ヤバイなんか来た!!」

自分もあまりの驚きに一瞬しか見れなかったんですが、

推定2m近くありそうな男か女かも分からない物体が走ってきていました、

ゾゾゾゾゾッっと一気に血の気が引き毛が逆立つのが分かりました、

「逃げろ!!」

Hの言葉で全員が一目散に公園内から出られる階段状の通路を走り抜け、

単車を駐車してる場所まで一気に逃げ、

単車にまたがりそのまま走り去りました。

『あれなんだったんだよ?死体か?』

「知らねぇーよ」

「単なるペンキかも知れないもの警官に言ってもしょうがねぇーしな」

『オレらが疑われるわ』

「それにあの暗闇で走ってきたのなんだ?」

『知らねぇーよ』

「超コエーよ、まだ追いかけてくる気がして仕方ない」

「あれは怖かった」

「取りあえず黙っとこ、なんか事件があれば新聞に載るし」

『そしたら名乗り出ればいいな』

「そうしよう」「そうだな」

それでその日は終わり、

後日新聞に目を通すも特になにもなく終わりました、

ただ未だにあの血に染まった毛布がなんだったのか?、

追いかけてきた巨人がなんだったのか?、

真相は全く分かりません…。

なんか霊的なことや、都市伝説、そして猟奇的なジェイソンのようなもの、

一気に全部きたのでわけが分からなくなりました、

ただ誰もがあの状況におかれたらパニックになることでしょう、

もしもあの頃に携帯電話があれば色々な状況証拠を残せたのにと悔やまれます。

哲学堂は本当にでるらしいので興味のある方は行ってみるといいかも…。

引用元:怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます