Black-eyed-children-1

私は霊感などはありません。

私が小学生の頃、男子グループに虐めにあっていました。
きっかけは、とある噂。

「私がA君を好きだ」という内容。
田舎の小さい校舎内、その噂はA君本人にまで届きました。

それ以来、A君は私を避け出し、
A君取り巻き男子から嫌がらせを受けるようになってしまいました。
ボスは、B少年でした。

私はひたすら、噂が消える事と
目立たない様に過ごし時が経つのを待ちました。

そんなある日、A君は足を怪我をし、
松葉杖で登校するようになりました。そして、A君の私に対する嫌がらせは、沈静化しました。
ただし、B少年は相変わらずしつこく私に虐めを実行していました。

私は学業に専念し、彼らを見返す為に必死に意地になり勉強しました。

中学でも目立たないように学んでいました。高校には、A君取り巻きの誰よりもレベルが高い進学校に入りました。

高校の時に、B君が失恋の為に退学したと話を聞きました。正直に言うと、「ざまぁみろ。」と感じました。

すみません、醜い心ですよね。

私は大学入学とともに、
地元を離れていました。

そして、社会人となり年月が経ちました。
数週間前に小学生時の同窓会がありました。
A君.B君も出席していませんでした。

そして、幹事が話してくれました。
B君が自ら命を絶ったと言う事実を。
理由は、職場で虐めを受けたから、、、、だそうです。

私は本当に怖くなりました。
私の積年の恨みが、こんな現実を引き起こしたのでしょうか。

もう誰かの事を怨むのはやめようと思います。

また、現在、誰かを虐めている人は絶対にやめた方がいいですよ。

自分がした事は、良い事も悪い事も必ず自分の元に帰ってくるのですから。

投稿者:雪奈

引用元:オカ学

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます