211cbc61-s
先週上司が亡くなって、会社の同僚たちと通夜に行った
帰りにみんなで寺の山門に向っていたら
正面から亡くなった上司の薄く透き通った上半身がスーッと近づいて来て
俺らの脇を通り過ぎながら消えた

 

この間、わずか1,2秒
みんなも見ただろうと顔色をうかがったが、誰も気付いていないふうだったので
頭がイカレてると思われると嫌だから黙っていた
子供の時から何度かこういうことがあって
中学生の頃まで「幽霊はいる」と無邪気に信じていたのだが
だんだん自分は幻覚(思い込み?)体質なんじゃないかと思うようになった
いつも自分にだけ見えると言うのは絶対おかしい
その場にいる全員が目撃したのでなければ、俺は自分を信じられない

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます