ba2a9988-s
私は学生時代、左膝に鋭く重い痛みがあり
普通に歩いているつもりでも足を引きずっている時がありました。

整形外科にも行きましたが原因不明。

 

リハビリをして膝周りの筋肉を増やすしかないと言われていました。
接骨院で見てもらっても筋肉を緩めましょうぐらいで根本的な原因解決には至りませんでした。
ある日、車のガレージ代を払いに大家さんの家に行くと
「足、どうしたの?」と聞かれました。無意識に引きずっていたのです。
今までの経緯を説明し帰ろうとすると
「奈良に力を持った人がいてる、紹介してあげるから一回行ってみたら?」
と言われました。
最初、胡散臭い宗教でも勧められているのかなと断っていたのですが、
今後の付き合いもあるので1度だけと言う事で会う事にしました。
その人は紹介の無い人は会う事をしない、TVにも出ないと決めているそうです。
教えられた場所に行くと、普通の民家です。
玄関を開け「こんにちは」と一声かけました。
すっと左の扉が開き、白い作務衣をきた50過ぎの男性が現れました。
男性は静かな声で「こちらへどうぞ」と右の部屋の扉を開け部屋の中に案内してくれました。
部屋の中は窓からの光のみで少し薄暗く、奥に豪華な仏壇が設置されていました。
この男性が ”先生”なのかなと思っていると、
「今、先の方を見ているのでもう少し待って欲しい」と言われました。
私は畳の上のホットカーペットで座って待っていました。
私以外誰もいないので”先の方”の声が聞こえてきました。
どうやら”未来”を占って貰っているようでした。
しかし、自分の希望する未来ではなかったのか、怒号や鳴き声が聞こえてきます。
複数の声が帰った後、男性「こちらにどうぞ」と呼ばれました。
案内された部屋に入ると正面に大きな神棚が見えました。
その少し手前にテーブルがあり、そこに同じような作務衣を着た60過ぎの女性が座って居ました。
この女性が”先生”でした。
とりあえず自己紹介を始め今回の目的を伝えました。
すると「後ろを向いて手を胸のところで合わせて目をつむり」と言われその通りにしました。
女性は私の背中に何か文字を書きブツブツと呪文のようなものを唱えていました。
この間、特に悲しい気持ちとか苦しみとか意識を失うだとかは一切ありませんでした。
ただ手を合わせて目をつむっているだけ。背中が少しくすぐったいぐらい。
10分ほどすると「もう良いよ、終わった」と声をかけられました。
何が終わったんだろう?詐欺か?と頭の中で考えていると、
「ちょっと立ってみて」と言われ立ち上がりました。
あの足の痛みや重さが消え去っていました。
私は驚きの余り声が出ませんでした。ただただ驚いた。
「どういうことですか?」と聞くと
5人ほどあなたの肩に乗っていた。その5人の重みが左半身にかかっていたからあなたは膝が痛んでいたと。
説得して全員成仏したから、もう大丈夫と説明されました。
あなたは心が優しすぎるからもっと心を強く持ちなさい、でないと違うのがまた寄って来ると言われました。
私が体験した霊の浄霊は映画やドラマTVのような派手な事は無く、静かなものでした。
涙を流すこともなく霊が私の口を介して話すこともなく叫んだりもせず終わりました。
母とお墓参りに行きました。
帰りに水汲み場に残ったお水を捨てに行き
バケツを返していました。
母が「天気が悪くなってきたから早く帰ろう」と声をかけてきました。
私は「わかった」と返事をしようと母の方へ顔を向けようとしたところ
なぜか、ゴミ捨て場の裏を覗くような動きをしたのです。
そこには、骨壷を収めた箱がポツンと置いてありました。
思わず「うわっ骨壷や」と声をあげました。
母は「見なかった事にして早く帰ろう」とさっさと霊園を出て行きました。
私も慌てて駐車場に向かいました。
それから、やたらと転ける。何もないのにつまづくと言う事を繰り返しました。
道路、階段、横断歩道ありとあらゆる所で転びます。
とにかく数が尋常じゃありません。
変なのがまた憑いたのかな?と思い地元の神社にお参りしようと行きました。
奈良の先生に「神社の鳥居を一杯くぐりなさい。悪いのを払ってくれるから」
と言われていたので悪いのが憑いていたら取れるだろうと思ったからです。
いざ、くぐろうと神社に着くと階段の真ん中ぐらいで、
大きな蜂に邪魔されて神社に参拝出来ません。
私が階段から離れると蜂の姿も見えなくなるんですが、近づくと姿を現します。
これは何かに邪魔されてるのかなと考え、奈良の先生に連絡を取って貰いました。
今回は先客が居なかった為直ぐに左の部屋に通されました。
「異常なほど転けるんです」と先生に最近の事を伝えました。
神社に入れなかった、鳥居をくぐることも出来なかった事も伝えました。
すると先生は一息吸うと「背中向け、手は胸元で合わせ目を瞑り」と言われまた呪文のようなものを唱えていました。
30分程そうしていたでしょうか、長いなと考えていました。
突然「はい、終わった」と言われました。
「あんた骨壷拾ったか?」といきなり言われました。
「霊園のゴミ捨て場で見かけました」と答えると
「その人が着いてきてた。なんで供養してくれんのかって」
先生に言われるまで骨壷の事は忘れていたので、驚きました。
書き起こしてみるときっかけはあの骨壷の箱なんですが、見たのも一瞬でしたし
母の”見なかった事”の発言で私自身意識をあまりしていなかったのです。
「えっあんな一瞬で。」
「あんたは気づいてくれたから、供養してくれると思ってんて」
「気づく?」
「多分、誰彼関係なしに呼んであんたは反応した。意識せんとゴミ捨て場の裏覗いたやろ?」
「転けたのは何でですか?」
「生前足を悪くしていたから、気づいて欲しかったから。自分に気づかないからどんどん転ばした」
「あの蜂もですか?」
「蜂は関係ない、偶然や」と言われました。
「これからそういうのを見かけたら、その場でさよならって声に出して帰り」と教えられました。

引用元:心霊-都市伝説ナビ-

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます