eye
 

四畳半の寂れたアパート

「あーデスノート欲しいなぁ」

持っていた漫画を閉じて彼は呟いた。殺したい奴ならたくさんいる。

ムカつく上司に生意気な後輩。高校の時俺をイジメた不良達。それに・・・

彼は考えるのを辞めた。

「バカバカしい。悪魔なんているわけないか・・」

そう呟いた彼の前に背広姿の男が立っていた。

「な、なんだお前!どこから入ったんだ!」

背広姿の男は顔色を変えず答えた

「悪魔です。」

「へっ!??」

彼は目を白黒させ言葉にならない声をあげた。

悪魔と名乗る男は表情を変えないまま言った

「消したい人がいるんでしょう?ただし条件があります。まず血の繋がった人は消せません。

消せるのは3日に1人だけです。

そして報酬として1人消す度にあなたの寿命を一年間頂きます。いかがです?」

何とも言えない迫力に彼はただ無言で頷いた。

「じゃぁ決まりですね。消したい人はこのノートに書いて下さい。それではまた」

悪魔は音もなく姿を消した

数分経っただろうか。彼は冷静さを取り戻し悪魔が置いていったノートに手を伸ばした。

JISマークの入った普通のノートだ。

「これがデスノート?いや、JISノートか」

試しに彼は嫌味な上司Tの名前を書いてみた。

2日が経ち3日が経ち1ヶ月が経ち

Tは死ぬどころか風邪さえひきそうにない。

「こりゃ騙されたかな・・」

そんな事を考えながら半年が過ぎたある日彼は交差点で信号無視のトラックに跳ねられた。

全身に走る痛みと薄れて行く意識の中で彼は考えていた

「そういう事か・・」

悪魔は確かに存在したようだ。

引用元:怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます