eye
1
もちろん人間の倫理観は逆だし俺だって戦いたくはない
ただ生物というものが生まれてから生物は争いの連続だし日本の外では戦争しているし日本でも経済で戦争してるようなものだろ生物というのは色々戦って成長していくものであって、平和という停滞は生物的に間違っているのではないだろうか

 

5

「敵対的共存」とよばれる。

 

7
>>5
なるほど

 

6

でも痛いの嫌じゃん?

 

8
>>6
嫌だよね
最初の生物ってなんで自分の子孫で戦わせようとしたんだろね

 

9
そもそも生物的な正解ってなんだろう
今までそうだったからといって、今後もそれが正解とは限らないし、いい方変えたら繁栄が正解とも言い切れない
繁栄することで地球が汚染されるなら、その生物が繁栄すること自体が不正解という観点もある

 

10
世界はころし合いにより成り立つ
宇宙も動物も植物も素粒子も
然し人間のみ楽しみの為にころし合う事のある生き物
11
人間の欲望に照らし合わせれば闘争が正義だが、生物で考えると種の繁栄こそが正義なんだけどな
戦うよりも襲われずに襲いぞこぞこ増えることが正義って事だ
12

ミドリムシに生存闘争という役割を背負わせるのは人間が闘争を肯定したいおのれの欲望のために恣意的に物事を見るからでしかない

13
>>12
つまりどういうこと?
人間的な解釈でしかないということ?
14
>>13
うん
弱肉強食も輪廻も人間が考え出したことでしかないし実際は生き物は定義の中で生きてるわけじゃないもの
15

ライオンだって腹減ってなきゃ争わんやろ

16
>>15
いやなわばり争いあるだろ
負ければ氏ぬし
19
>>16
あれだって餌場の確保やからな
後の腹減りのためやん
争いが目的ちゃうわ
20
>>19
戦争もそうだろ
23
>>20
せやで
つまり争いたい奴なんかおらんのや
30
>>23
あーすまん
人間的な意味じゃなくて生物的な意味な
争いたくなくても人間は牛とかころさないと駄目だし
それは争いを極力回避した争いだろ
22
>>19
猫が面白くてネズミやトカゲや小鳥をころして食わずに捨てていくのは知ってる?
25
>>22
ころしが目的ちゃうやろ
遊んでたら相手が氏んだだけや
ころす目的なら遊ばんでころすわ
29
>>25
相手が氏んだら弄ぶのを辞めるんならころしが目的だろ
17
人間って何だろ?本当
所詮細胞の集まりにしか過ぎなくて真実は細胞以下の小さなものにあるのかな
21
弱肉強食、生存競争を頑なに強いる
神が国家だったらこんにちは氏ねを地で行くんだろうな
26
>>21
不思議なのがなぜ最初の生物が自己を増やしてこういう世界を作ったのかよくわからん
まあ思考ではないにしろほぼプログラムがそうしたとしか思えない
34
>>26
先カンブリア紀には死のない生物界が存在していた
35
>>34
その時代しか居ない時点で氏んでるじゃん
37
>>35
絶滅しなかったからお前が生きてるんだよ
39
>>37
そんな時代ってあったのか
どうやって生きていたんだ?
41
>>39
現在も居る一部のクラゲみたいなもんで再生に再生を重ねるサイクルの中で生きてるから捕食されない限り氏ぬことは無い
その時代は捕食者が居なかったから死がなかった
28
適者生存よ。適者生存。
闘争を捨てた方が繁栄に繋がるなら戦争はなくなると思う。
生き物の進化は優秀な部分が伸びて残っていくのでなくて、手当たり次第になんでも試していくらしいから、戦争やイジメなくなるよう人類が進化する事を祈ろう。
36

正しくないかもしれないけど悪とは違うような

38
>>36
自分の細胞だって代謝しないと氏ぬよ?
ウィルスだって体が戦ってくれないと氏ぬよ?
悪じゃん
44
競争と協力
組織と個人なんなんだろね

46
人間と他の動物との相違
戦争本能・殺戮本能
47

お前ガラパゴス諸島でもそれ言えんの?

49
>>47
ガラパゴス諸島だからといって肉食獣が居ない訳じゃないだろ
50
>>49
猛禽類のイグアナ捕食は有名だね
51
>>49
争ってはないけどな
52
生物の目的って要は
自己増殖
自己修復
自己進化
だろ?>>51
争いって捕食は入らないの?

54
>>52
蟻と飴玉も争ってんのか?
55
>>54
飴に生命はないだろ
59
>>55
それは短絡的な見方で
実際には砂糖は植物という生物が作っている
蟻は植物を捕食しているわけ
61
>>59
当たり前の話だけど返しがかっこいい
56
>>55
じゃあ鳥と木の実は争ってるわけか
ふーん
58
>>56
肉食の話な
木の実はむしろ鳥の習性を利用してる
あれも不思議な話だけど
60
>>58
人間は肉食じゃねえな
61
>>60
ごめんベジタリアンには分からなかったかな
62
>>61
生物的な話は個人の思想は関係ないよね
63
>>62
そうだよ
でも人間も生物だよ
64
>>63
生物的な正しさとは?
65
>>64
それが分からないんだよ
それが主題
69
>>65
草食動物は生物的に正しい
肉食動物は生物的に正しい
ガラパゴス諸島の動物も生物的に正しい
ベジタリアンも生物的に正しいでは生物的正しさとは?

72
>>69
まあ幼稚な話だけど「本能」かな
本能がどういうことか分からないけど
73
>>69
生き残りに最も適した食事だろうね
75
>>69
人間のベジタリアンは生物的に間違ってる
胃がん発生率が通常より高いから
その胃がん発生率を補えるほどの生存価がベジタリアンにあるとは考えにくい
78
>>75
では生物的に正しければ野菜は食べないってことか?
83
>>78
人間長生きするためにはバランスよく食えってこと
77
>>68
人間らしさと言う物自体が
人類とその他の生物を比較して違うであろう部分につけられる
つまり人間としての正しさなんてのは
鳥としての正しさが空を飛ぶこととか
魚としての正しさが水の中で生きることとか
その程度でしか無い
80
>>77
じゃあ人間が文明作るのも生物的正しさというかプログラム上での進化なの?
82
>>80
そうとも言えるし
そうでないとも言える
捉え方で答えは変わる
71
動物を色々飼ってみると解かるんだが草食性と肉食性の壁は非常に薄い
草食動物に分類されている動物も野生化では死肉を食べていたりするし
肉食動物も植物を食べて消化器官を整えたりしている場合によっては糞まで食ってたりするからね

81

広い眼で見りゃ繁殖も文化の発展もいずれは消える運命ですよ、そもそもこうして語っている繁殖とか文化って言葉も宇宙(この言葉すらも)からすれば全くその実意味がないもの、世界はペテンなんだよ、深いようで浅い。

生物とは己を己の通りに動かすことが唯一の存在意義だ。
ライオンのなかにも温厚な者は居るだろうし、それこそあんなに可愛らしいパンダだって気が立ってりゃ人をころす。それを引き起こしたのは環境であったり、ちょっとした間であったり、その時の気分であったり、様々な要因に依るものだ。

要因や結果を操ることはできない。本当に降ってわいてくるもの。事前に手を打って抑制、先伸ばし、引き寄せすることはできても、結果そのものは何が絡んでくるか解らない。思うに食物や生態より高みから見る必要がある。

抗いきれないものの到来までに、どれだけ思うように己を動かすか。これは人間に限らず生物すべてに言えることなのじゃないかな。補食も言ってしまえば抗いだ。食おうが食わまいが何時かは氏ぬんだからな

93

結局人間の存在は不自然(イレギュラー)なのかこれも自然のプログラムに含まれた過程なのかって話

104
>>93
不自然に決まってるじゃん
核兵器とか他の兵器で全生物を滅亡させることができるんだぜ
97
まあ早い話人間の理想って自然の摂理と違うじゃねーか
正しいのはどっちだよってこと
101
>>97
人間の理想は平和ってことで良いのか?
102
>>101
平和というか安定だろ
そして人間はそれが実現可能になってきてるし
それが正解かということ
106
>>102
生物としての理想も安定でしょ
違うの?
111
>>106
問題にするのは知性のほうか?
114
>>111
知性の何が問題になるんだ?
118
>>114
力を持ちすぎるんだよ
これも自然な話か?
110
>>97
正しいとは何なのかって話になるね
生物的には子孫をたくさん残すのが正しいって事になる
115
>>110
でも哺乳類など進化するによって生む子供減ってるぞ
121
>>115
たくさん産んでたくさん氏ぬよりも少数産んで大事に育てる戦略をとってるんだよ
127
>>121
で今の人間は一人どころか子供残さなくなって来ているんだがこれは自然なこと?
133
>>127
環境的な限界を知ったからだろ
135
>>127
不自然極まりないね
繁殖にろくすっぽ力を入れずに自個体の生存を優先するなんて
108
そもそも人間の知性が反自然的なものだから
知性がある以上平和思想は正しい
117
近代民主主義が成立する以前なんてころしてなんぼの世界だろ
平和なんてのは幻想にすぎない
というか社会の枠組みが縛っているから維持されてるだけ
130
人間とはなにか
人間とは己を未来に投射する生き物である
それは他の動物とは違い未来に自分を見据えることができるということ
これで答えは見えてくる
136
>>130
それが出来るのも知能のおかげだけど
その知能がもたらした理想は果たして正解なんだろうか?
137
>>136
正解、不正解というのがそもそも人間の言語的思惟能力の産物にすぎない
140
>>137
じゃあ子孫を残すことを正解としたら
このまま人間が発展していくのは正解なんだろうか
143
>>140
だから正解も不正解も無いんだって
子孫を残すことに意義は無いし他の生物はそれを目的にしているわけでもないよ
外界からの反応に瞬間的に生きていたら結果的に繁殖してるってだけ
そこに意義も目的も制服も不正解も無いです
146
>>143
ああ、何もかも無意味だって言いたいわけねw
151
>>146
「意味」という概念が人間の知的能力にすぎないからね
他の動物の視点に立てばそんなもの無いも同然
ただ社会を効率的に回すために人間内だけで通用するルールとして「意味」を作ることは大切だと思うよ
132
環境の変化に耐えられずに消えた種と耐えて残った種がいて、
残った方だけが正しさを語れる
262
でも争えば争うほど
応用科学はいくらでも発展するけど人文化科学は壊滅的打撃を受けるんだよね
266
>>262
それも勘違いだと思うけどな
科学は道具であって目的にはならない
それをすり替えるから意味不明なことになる
271
>>266
戦火でどれほどの遺産、遺跡、古文書が消えて行ったことか……
人類や社会というものを究明する目的としての人文科学は
争いの前では無益で戯言にしかうつらないから
273
>>271
けど人文が全く無い社会を想像したら明らかに画一的でロボットの反応みたいな世界になるよね?
たとえ答えが導き出されないとしても様々な角度からアプローチがされるってのは大切なこと
東浩紀が「なぜ人は生きるのかって答えは出ないけどそれを全く考えない世界は貧しくなる」って言ってたけど正しいと思う
264
一応スレタイの説明しておくね
人間の倫理的には戦争とかいじめって悪だけど生物的には(進化とか考えたら)普通だよねーってことで
268
理性があるから人間なのだ
獣たちはとっとと進化したまえ
172

文化を突き詰めていくと結局は原始的な生態に行き着くんだ

173

ちなみにこれドグラマグラの受け売りね

285
平和を望むと成長が停滞するは間違ってない
成長するためにはぶつかってかなきゃいけないは間違ってない成長するためにぶつかるべきじゃろ←この考えは社会に洗脳されてるといわざるをえない
人間は家畜を得意とする生物だけど、自己家畜化はあかんかったよ
結果的に自らころしてしまったんよ

288
>>285
まあそんなことできるのも人間だけだし
290
>>285
歴史上、奴隷制度は長いこと成功を収めてたけど?
291
>>290
してないよ
ローマやギリシャは奴隷制度で結局は亡びた
簡単だよ
拡張し続けないと奴隷が供給されなくて滅びたのさ
295
>>291
エジプトやギリシャやローマやメソポタミアの滅亡は環境破壊であって奴隷制度なんかではない
298
>>295
奴隷制度は一因として確実に存在する
奴隷が供給されなくなれば行き詰まる社会は行き詰まる
そんなものは自明
313

何一つ危険のない環境で子孫繁栄して種を保とうとするのは正常

平和は悪ではない

はい論破

引用元:おうまがタイムズ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます