hqdefault

982 :本当にあった怖い名無し:2009/11/05(木) 17:47:33 ID:LUsVxXJ/P
うちのばあちゃんの話。
人の死期を良く当てるんだけど、二つのパターンがある。

ひとつは、人が亡くなる直前直後に、その人が挨拶に来るらしい。
朝起きたら
「昨日の夜、○○おじさんが家の周りをぐるぐる回ってたよ」と
言っていて、その直後に電話が鳴ってやっぱり訃報だったとか。
「ろうそくの火が全然消えないから、
○○おじさんが亡くなったかねぇ」と
呟いてて、やっぱりその通りだったり、
特に後者なんか全然論理は分からないんだが、
単に当たるから不思議。

もう一つのパターンが、救急車の音で人の死がわかるらしい。
「今、救急車が走っていったけど、○○さんちの○○さんだねぇ」
なんて言ったりして、それがずばり当たって、
やっぱり心臓発作で亡くなってたりする。
すごいのは、その○○さんちが自宅から数キロ離れていて、
ばあちゃんの他に誰も救急車の音なんて聞こえないんだ。

そんなエピソードが、書ききれないくらいたくさんある。
ばぁちゃんには一体何が見えて、何が聞こえてるんだろう。
元々、科学というものの説明を求めてこなかったばぁちゃんには、
何かは分からないけど一般人に無い感覚が備わってる気がする。
今は離れて暮らしててたまにしか会えないが、
長生きして欲しいと思ってる。

不可解な体験、謎な話~enigma~Part57
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1253111726/

引用元:だいたいオカルトです

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます