eye

まだ学生の頃、いつもバイトのあと彼氏とイチャイチャしながら駅まで帰るっていうパターンだったんだけど、彼が「どうしてもやりたい。今すぐ」とか言い出して、その辺で青姦しちゃう事がありました。
もちろん立ちでです。

その日は、古い工務店みたいなのと、トタン屋根の車の修理屋みたいな看板の店との間に細い路地があるのを見つけて、
両方廃屋っぽかったんで、この奥で”やっちゃおう”ってことになりました。

石畳の薄暗い路地に、まずは彼氏が入っていきました。
私も少し時間差で人通りが無いのを確認してから続きました。

外から見た以上に通路は真っ暗で、突き当たりは反対の通りのビルかマンションの建設現場で、ブルーシートがかかってました。

「あ、これは楽勝でけっこう安心して出来るな」、なんて思ってたら、奥から戻ってくる彼とぶつかりました。

「余裕じゃん」て言ったら、「しゃべるな、しゃべるな」って彼が鋭い小声で言って、私の手を掴みました。

それでもの凄い勢いで私を引っ張って戻るんです。

??とか思ったけど、いつも明るい彼のただならない様子に黙って従いました。

工事現場に人でもいたのかな?

そう思って振り返ろうとしたら、「振り向くな」って彼が言いました。
その時、後ろでかすかに「ジャリ」って土を踏む音が聞こえて、もの凄い勢いで鳥肌が立ちました。

なんでかはわかりません。
何かを理解して鳥肌がたったとかではないです。

同時に、「からん」と何か硬いものが落ちる音が聞こえました。
彼が手を強く引っ張りました。
私も早足で下を向いて歩き、そしてついに路地から通りに出たところで彼が走り出しました。

私も全力で走り、神田駅の見える大通りまで来て、やっと彼が止まりました。

二人とも息がすごく上がってたけど、必死さと緊張でそこまでくるまで気づきませんでした。

「なに?なにがあったの?」と聞くと、彼がちらっと後ろや横を振り返って、「いや、やばい。とりあえず電車に乗ろう。人が一杯居るところにいきたい」と言うので、二人でJRに乗りました。

切符を買う彼の顔は真っ青でした。
私も同じだったと思います。

ちょっと前まで発情しまくりで、お互い股間を熱くしてたのが嘘のような冷えっぷりです。
改札を通ると、彼も少し落ち着いたようでした。

いつもは私の駅まで送ってくれるのに、「今日はお前、お母さんに迎えに来てもらえ。俺もそうするから」と彼が言って、結局そのまま話は無く、それぞれ親に迎えに来てもらって帰りました。

で、家に着いてしばらくしてから彼から電話がかかってきて、何があったのかをやっと話してくれました。

あの細い路地を入っていったとき、両脇は廃屋で裏は工事現場で、「これは余裕、今後の青姦スポットとしてキープだ」とか思ったらしいんです。

路地は突き当たりで曲がるようになっていて、そうすると少しばかりのスペース(工務店のほうの裏庭だったっぽいと彼は言ってました)があり、そうしたら、その土の上に裸の人がこっちに背を向けて体育座りをしていたって言うんです。

一瞬、「廃屋じゃなかったんだ、やばい、でも裸かよ」とか思ったらしいんですけど、抱え込んだ膝に上に頭を伏せていたその人が彼の気配に気付いたのか、顔をあげたらしいんです。

「顔は見なかった。あのまま見てたら振り返ったんだと思う。でももう頭を上げた瞬間に引き返した」と彼は言いました。

その人(?)は、頭が通常の人間の3倍くらい横に長く、髪の毛はまったく無くて、「フアァ・・」って、アクビするみたいな何か言うみたいな変な声を出した、って言ってました。

その声で、絶対ヤバイもんだと確信したらしいです。

「俺さあ、霊感とか全然無いしさあ、金縛りだってあったことねーのに。でもあんなの初めて見た、絶対やばかった。今でも震えが止まらない」って言っているのを聞いて、私もまた鳥肌が立ってきました。

「てっちゃん(彼の仮名)が怖かったからびっくりしたけど、私もすっごく怖かったよ。後ろでじゃりって足音したよね・・・」

「ごめん、もういいよ、あんましゃべんねーほうがいいよ。もう忘れよう。ごめん、今度からちゃんとホテルでやろう」と彼が言って、その瞬間、あそこで「からん」と音が聞こえたのを思い出し、はっとなってバッグの中を見ると、案の定無くなってたんです、

彼に買ってもらった髪留め(洋風のかんざしみたいな)が・・・やっぱり落としてたんです。

でも、あそこで落としたなんて言えないから、もうこれは平日の昼間、人通りがあるときに自分で取りに行こう、と決めました。

結構高いやつだったし、気に入っていたので、怖い気持ちはもちろんあったけど、「昼間なら大丈夫」、と思って、結局次の日、大学に行く前に、おばあちゃんの数珠とお守りとか塩とかを持って、その場所に向かいました。

朝の神田は、やっぱり人がたくさん居て、普段うざいオヤジとかサラリーマンさえも、大事にいとしく思えるくらいでした。

で、問題の場所に差し掛かりました。
そうしたら、なんと驚いたことに、工務店のほうは廃屋じゃなかったんです。
引き戸が開いていて中に軽トラが入ってるのが見えました。

どうしようと行列からはずれて迷っていたら、例の路地の奥からおばあさんが、ほうきとちりとりを持って出てきました。
そうして工務店の前を掃除し始めました。
しばらく見ていたら、ふと目が合って、おばあさんが手を止めて私をじっと見てきました。

もうこうなったらと思って、「すいません、昨日か一昨日くらいに、このへんで金色のかんざしみたいなクリップみたなのを落としちゃったんですけど無かったですか?」と近づきながら聞いてみました。

おばあさん:「いつ?あんたここの道入ったの?」

おばあさんが言いました。

私:「いや、入ったってほどではないんですけど、ちょっと酔っ払ってたんで・・」

おばあさん:「かんざしなんて無いよ。」

しかし、緑の大きなちりとりの中に、葉っぱとかゴミと一緒になってる”かんざし”を見つけました。

「あ!これです」って手にとった瞬間、金色のメッキでビーズがついていたクリップは真っ赤に錆びていて、触った瞬間昨日の鳥肌がまた立ちました。

おばあさん:「こんなに汚れっちまって、そんでもいんならいけど、いらないんなら置いてきな。ばあちゃんほかしといてやるから」

そうおばあさんが言いました。

気に入っていたし、たぶん手に取った瞬間の鳥肌が無ければあれだけぼろくても持って帰ったと思います。
でも凄く嫌な感じがして、持ち帰りたくないと強く思いました。

私:「・・すいません、じゃあこのまま捨ててください」

おばあさん:「酔っ払いだかなんだか知らんけど。ここ私道だからね。もう入ったらだめだよ」

人通りはたくさんありましたが、来たことを後悔していました。
早くその場を立ち去りたくてたまりませんでした。

おばあさんに挨拶もそこそこに帰ろうとして、一瞬ちらっと振り返ると、さっきまでとは別人のように怒りの表情を浮かべて私を見ていました。

そして、路地の奥が少しだけ見えました。
通路の向こう、人が曲がって消えていくのが見えましたが、それがあの時の”ソレ”だったかはわかりません。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます