11e95d68

オレは、5歳の時両親事故死&オレ施設送り。

1年後に遠い親戚の養父母(感謝)がオレを引き取ってくれたんだけど、家業が今で言うソープ&キャバレーの自営業だった(当時はトルコ風呂)

仕事で忙しい養父母のかわりにオレを育ててくれたのはソープのお姉さんらだった。

学校から帰ると、お姉さんらと一緒に控え室で宿題やったり、お風呂みんなで入ったり。

今考えると贅沢三昧と言うべきか(笑)

お姉さんらはホント優しくて、優しくて…お陰でグレもせずこれまでまっとうにやってこれました。

と、感謝しつつ…

「水のあるところに霊が来やすい」って言うけど、本当かもしれないね。

オレが育ったそのトルコ風呂でも結構そんな話あったよ。

「来たはずの客が目を離した隙にいなくなった」
とか
「スチーム風呂の中に何かいる」
とかね(笑)

そんな事、控え室でお姉さん達が話してたの憶えてる。

こっちは子供だから
「へえ~」
とか言いながら聞いてるだけだったけどね。

一番憶えてるのは、地方から来たRちゃんの話。

ワケアリで(だと思う)そこで仕事する事になったRちゃん。

色が白くて小柄で裸になるとあばらが浮いてるくらいの痩せ型で。

無口であまりみんなと喋らなかったけど、オレはいつもRちゃんと一緒にお風呂入ってた。

お風呂では2人でいろんな事話したんだけど、いつも最後は
「○○ちゃん、お父さんとお母さんに会いたい?」
とオレに聞いてきた。

その話をすると、オレは少し悲しくなるので下向いてしまうんだけど、そんなオレを「ぎゅうっ」と抱きしめていっつも
「Rが結婚してあげるから○○ちゃんはさびしくないよっ」
って言って2人で泣くのが定番だった(笑)

ある日学校からの帰り道の公園にRちゃんが立っていた。

オレが
「あれ?Rちゃんどうしたの?」
と聞くと、

Rちゃんは少し困ったような顔をして
「もう○○ちゃんと会えなくなっちゃうから会いに来たの」
と言う。

「そっか。お家に帰ることになったんだね?」
と言うと、

Rちゃんは
「うん。」
と言って少し笑ったように思う。

「○○ちゃん。元気でね。」

それまで働いていた人が急にいなくなる事は日常的な事だったので、子供だったオレは少しも変には思わずに
「すぐ行っちゃうの?今日行くの?」
と聞いた。

Rちゃんは
「すぐは行かないけど…」
と、やっぱり困ったよう顔をしていたので、

オレは
「じゃあ、今日最後にお風呂一緒にはいろうね?」
と約束して
「じゃあ、家にランドセル置いて来る、先に行っててね」
と駆けだした。

家に寄ってランドセル置いて、走って店まで行った記憶はある。

控え室に行くと、みんなが暗い顔してる。

「ねえ、どうしたの?」

誰に聞いても聞いてもみんな口を閉ざしたままうつむいてる。

「変なの…お風呂はいろっと。ねえ?Rは?まだ帰ってないの?」

その瞬間みんなが堰を切ったように号泣しだした。

「○○ちゃん…Rちゃん…死んじゃったの」

「え?…」

だって、さっきそこで会って。
お風呂一緒にはいるって。
約束…

Rはその前の晩、仕事が終わってみんなで寮に帰ったあと明け方に急にお腹が痛いといいだして、みんなで近所の外科に連れていったら、急性腹膜炎で即入院ということになり、昼前には亡くなったという。
(あとで聞いた話)

その後の事は、子供だったオレにはわからないことだった。

葬式とかもあったとは思うのだが、出席できるわけでもなかった。

ただ、何日かして一人でお風呂に入っている時にRちゃんのことを思い出してわんわん泣き出してしまったのは憶えている。

すまん。

全然怖くなかったね…

引用元:怖い話・都市伝説まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます