7255104f-s

休日の朝、近くの山へ登りに行く兄を見送った。

しかし、夜になっても帰ってこない。
次の日に捜索を開始してすぐ、兄は登山道の入口、そのすぐ脇で亡くなっているのが発見された。
死因は餓死。手足は骨と皮だけのように痩せ細り、肌はカサカサにひび割れていた。
そして、前日には真新しかった服装が、何ヶ月も経ったかのように朽ちていたという。

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます