091d6322-s
私の祖父は三人の奥さんを娶っていて、二人とも死別ののち嫁いできた人が私の祖母。

 

二人目の奥さんはサザエさんと野村光代を足して二で割って、少しマイルドにしたような人で私の祖母も少し南方系な、まあ濃ゆい顔なのだけれど特に美人というわけではない。
ただ一人目の奥さんがすっごく美人。芯の強い大和撫子といった色白な方。どちらも白黒の写真だし、祖母は年老いた姿しか知らないのですけどね。
それで本題なのだけれど、年々その一番目の奥さんに私が似てきている。
けして私が美人ということではなく、目つきとか雰囲気とか顔立ちとか、黒子まで。
先日和服で写真を撮って、あがってきた写真を見たら鳥肌が立った。
いつか見た一番目の奥さんの遺影と殆ど変わらなかった。
もしかしたら私、その人が亡くなった年に死んでしまうのかなという予感がするんです。
お墓参りに行って、その人の享年を見てこないと。

引用元:心霊-都市伝説ナビ-

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます