publicdomainq-0002901qcx

僕がものもらいになった時、高齢の方がが経営している眼科にいったんです。

で、6畳ほどの風呂場みたいなところに寝台があって、そこで寝て手術をすることになりました。

その手術は原始的で、まぶたを思いっきりつままれ、そこに麻酔を打たれて、メスで皮膚をがりがりやられる痛いもんでしたよ。

で、その痛みを我慢してるとき、2人の子供の声が聞こえました。

それは、「うわぁ」とか「もういいよ」とか、僕の手術をみて気持ち悪がっているみたいでした。

きっと窓があるんだな、、、とそのときは思っていましたが、手術が終わって目が開くと、、窓なんてありません。
それは手術室ですから当然でした。

では、あの声はどこから聞こえたのかな~、と、いまさら思ってます。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます