2afcb994-s

ある夜、友人から電話がかかってきました。いつものように他愛の無い話で盛り上がりました。

電話の終わり際、「じゃあ、さよなら」と私は言いました。
私は自分の言葉にひどく違和感を感じました。いつもなら「またね」と言うのですが。
それに対し、友人も「さよなら」と言いました。
数日後、友人は交通事故で亡くなりました。
お通夜の連絡がなぜか私には来ず、彼がお墓に入ってしばらくしてからでした。
電話が繋がらないので彼の実家にかけたところ・・・ということです。

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます