b173e20e-s
お見合いパーティみたいな合コンみたいな、何ともつかない微妙なイベントに参加した時のこと。

 

男女それぞれ十数人と言う合コンにしては大きな規模のイベントで、最初はとりあえず全員と話をして自己紹介もしたんだけど、

その時一人どもりって言うのかな?言葉がつまって上手に話せない娘が居た。

正直見た目も冴えないし、服装もなんか近所の店で店員にセット購入させられましたみたいな感じで全然好みではなかったんだけど「ここで優しい俺アピールしておけば他の娘の好感度も上がるだろう」と言う打算から水持って行ってあげたり、その水でむせた時にハンカチで拭いてあげたりした。

まぁ最初だけだけど。
その後は俺の計算通り「優しい俺」は結構女の子たちに声をかけられ、楽しく飲み食い。
中でも結構胸の大きい娘に気に入られ、さりげないボディータッチされまくりで「俺ロックオンされたんじゃね!?」とその気になってた。
途中トイレに行くと、男子トイレの前にどもり娘が立っている。

どもり娘は「お…俺さん、あの…あの…さっささっきから話ししてる…おん…女はやめた方がい…いいいいいで…いいです。」と、相変わらず。

話の内容も「あの胸娘は色情霊に取り憑かれている女だから関わると不幸になる。俺さんは優しいから目をつけられてしまったから逃げた方がいい。私ならあなたを救える。」と言うメンヘラなもので、俺は内心「あぁ変なのに目をつけられたw」と思いつつ
「大丈夫、すぐに付き合うとかそう言うのは無いから。忠告ありがとう。キミも優しいね。」なんて感じで戻ってきた。
そのままイベントも終了。俺はやはり胸娘といい雰囲気。
この後飲み直そうかと言う話になり、胸娘と店を出るて知ってる店へ。
軽く飲みなおして会話も弾み、もしかしてこのままお持ち帰りコースなのか!?と、期待しながら支払い。
この時点で最初のイベント終了から2時間ほど。
突然店の外から先に出ていた胸娘の悲鳴が聞こえた。

急いで行ってみると、そこには茶色と言うか黄色というか、変な色の水を頭からかぶってガクブルしてる胸娘と、その前で空のペットボトルを逆手に持ち、どもりのかけらもない流暢な話し方で「パーネムノストーム!スペルプスタンティアーム!」とか何とか、すごく長い魔法の呪文wを唱えるどもり娘が居た。

思わず「何この呪文ちょっとカッコイイw」と思ってしまった。
店員か通行人か、誰かが警察呼んだらしくどもり娘は御用。
胸娘は何かさっきまでと人が変わったような目つきでキョロキョロしながら「気持ち悪い…」と言うので救急車まで出動して病院へ。
結局かけられた液体はただの水だったようで胸娘も一日様子見で入院したもののすぐ退院。
どもり娘も「二度とこんな事はしない」と約束をして、厳重注意だけで釈放。
俺にこっそり「わわ悪い霊はきえ…消えたから」とにっこりしやがった。
胸娘とはその後何度か会ったが、出会った夜のあの積極的な性格はどこへやら、普通に距離とっていいお友達からみたいに
付き合ってもう3年くらい。
本当にいいお友達になってしまった。
胸娘はかなり人見知りで、あのイベントも友達にムリに参加させられた状態だったらしい。
普段は全然行かない繁華街の角でその友達と一緒に土産物みたいなチャチな恋愛成就のお守り(ストラップ)を買ってからの記憶が曖昧になっているそうだ。
いつの間にかお守りも無くなってたし「どもり娘ちゃんに助けられたのかも」と今でも時々言う。
どもり娘とはその後会ってない。

引用元:心霊-都市伝説ナビ-

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます