malate-girl1

友達から聞いた話だけど・・・。

友達が小3の秋の頃にお父さんがババさんという東南アジア人(40くらい)を連れて来て、「今日から新しい家族だから仲良くしてね」と言われた。

お母さんとお姉さんはもうかなり前から知ってるようで親しそうに接してた。

友達はこの突然の理不尽さに困惑し、逆上して反対したが全く聞いてもらえなかった。
ババさんは非常に大人しく、いつも落ち着いていてなんか宇宙人みたいだった。

絶対にババさんとは喋らないと決めた友達だったが、ババさんは相手と話す時必ず相手を座らせ右手で頭を鷲掴みして喋っていたためか、いつも正直に喋らされていたらしい。

1週間後、ババさんが来て友達に「君を取り込むのはもう疲れたよ」と弱音を吐いた。
自分はもう他の家に行きたいから取り込み易い家を紹介してくれと友達に頼んだ。
嫌だと言うと、「お母さんに君の弟を作って貰おうかな」とか「お姉さんも、もう赤ちゃん産めるって知ってた?」とか脅されて、仕方なく友達はババさんを外へ連れて行って向かいの家(僕の家)を指差したら、「あの家は最悪だ」と言って拒否されたそうだ。

結局、全然知らない家に入って行って一年後、その家は焼失したらしい。

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます