cd87fab5-s
日本最大の湖である琵琶湖は海の潮流にも似た
水理現象という水の流れが存在している。
そして水難事故もまた多く発生している。

 

琵琶湖では、そういった水難事故の水死体が、
上がってこない事がしばしばあるという。
一つは淡水であるために浮力が得られず、
一旦、水理現象で温度が低い湖底の方に流されてしまうと、
中々腐敗が進まないために、腐敗で浮き上がる事もないまま
水の流れに漂うのだという。
実は、この死体を目撃したダイバーは数多くおり、
その話では、丁度、浮力の加減で漂う死体が直立した状態となっており、
視界の悪いもやの中から、すっと姿を現したかと思うと
まるで幽霊の様に漂って近づいてきて、
一瞬、自分が湖底にいるという事を忘れてしまうのだという。
不思議なことに、どのダイバーも、
陸に連れて帰ろうと遺体に手を伸ばそうとするのだが、
その途端、遺体は人との関わりを拒絶するかのように、
また、スっと、もやの中に消えていってしまうのだという。

引用元:心霊-都市伝説ナビ-

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます