589aa134-s
沖ノ島は、島全体が御神体とされ、今でも女人禁制が固く守られている。

 

男性でも5月27日の現地大祭の時に選ばれた200人ほどが上陸できるのみで
以外の上陸は基本的に許されていない。
上陸したとしても島内の「一草一木一石」たりとも持ち帰ることは許されない。
さらに、島の滞在中、島で起こった一切の出来事について口外は許されないという。
このことから、現地の人は島のことを「おいわずさま」と呼んでいたという。

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます