DVC00030

大学生になって念願の一人暮らしを始めた 立派ではないけど俺の城だ 自由って最高!

・・・だけどひとつだけ気になることがある 3ヶ月たつが隣の住人を見たこと無い

たしか入居してるって不動産屋が言ってたけど・・・なんか気味が悪い・・・

更に気味が悪いことに夜中になるとその部屋から女の押し殺したような笑い声が聞こえる

毎日決まって3時ぐらい・・・ヤバイ女でも住んでんのかな?

ある日体調が悪く大学をサボっていたら不動産屋が新しい客を連れてきたのが窓から見えた

そこで隣の入居者についてちょっと聞いてみた

『ああ、隣は君と同じ歳の男の子だよ、同じ大学の子じゃなかったかな?多分今いるよ』

俺は思いきって挨拶しに行くことにした

「こんにちはー、隣のものですけど・・・」

『はーい、なんですか?』 (お、いた!)出てきたのは普通の男だった

「いやー、なんか越してきて一度も会ってなかったんで・・・なんか不動産屋から同じ大学とも聞いたんで・・・」

『ああ、君も○△大学なんだ、これから宜しく!

俺いつも遅くまで居酒屋でバイトしてるからあまり家に居ないんだけどね』(なんだそういうことねw)

俺たちは他愛も無い話をした

「そういやあ時々女の子の声するけど・・・」

『ああ、彼女同じバイトなんで一緒に仕事入った日は

時々終わってからこっちに来てるんですよ』(マジかよ!?うらやましいなあ・・・)

「ふーん、そうなんだ、じゃあ彼女さんに宜しく」

『もし良かったら今度一緒に部屋で酒でも飲みましょう!

そっちの彼女が来てる時に』(チクショー・・・俺彼女なんかイネーよ・・・)

引用元:怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます