df0e2654-s
1977年豊島区のパン屋さんから、水道の蛇口をひねるとドス黒い油状のものが
出てくるという訴えが水道局にあった。

 

調べてみると、正体は燃料用のB重油で付近の50件ほども同じ被害があったという。
水道管の中の水は高い水圧がかかっており、亀裂があった場合でも重油が水の中に染みこむとは考えられない。
局員も理由がわからず首をひねるばかりだったという。
1975年港区芝の発明会館の地下3階の3階の倉庫の壁に油が黒いシミとなって湧き出してきた。
付近のガソリンスタンドには異常がなかったのだが、多い時では1日4リットルもの油が湧き出たという。
結局、原因がわからぬままであった。

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます