eye
930 2018/07/18(水)

ありがとうございます。書きます。 文才ないので長いです。

私が通っていた小学校のそばには「紫陽花屋敷」と呼ばれる大きな屋敷がありました。
屋敷の風貌は少し変わっていて、大きな敷地を、高い塀が囲んでいました。
小学生には決して覗きこめない、大人の身長よりはるかに高い、3mを超える塀でした。
唯一敷地を覗き込めるのは、門のところだけで、
門から覗くと、横一面紫陽花が広がっていて、夏場は屋敷が見えませんでした。
そこの紫陽花は全て青色で、とても美しく、小学生だった私たちの心も掴みました。
学校から近かったこともあり、「廃墟だから近寄ってはいけません」という
先生たちの注意の言葉も無視して、皆がその屋敷に紫陽花を覗きに行きました。

 

931
でも、私が小学4年生の時の梅雨、ちょっとした変化がありました。
屋敷の右手の歩道に、2台の自販機と、
しっかりした蓋つきのペットボトルと缶のゴミ箱が 設置されたんです。
少し危ないけれど、そのゴミ箱を足場にして、自販機の上に登ると、
屋敷の庭を一望できることに、ある生徒が気づきました。
「一面真っ青な紫陽花畑で、見たことないくらい綺麗だった」
というその生徒の感想は、噂となって一気に広がりました。
しかし、それと一緒に不思議な噂も広がりました。
「青い紫陽花の中、庭のちょうど真ん中にだけ、ピンクの紫陽花が咲いている。」と。
932
紫陽花の色が一株だけ違うことは、
かつてその屋敷に住んでいた人の趣味かもしれないし、
別に不思議というほどでもなかったのですが、
子どもの想像力はたくましく、
「紫陽花は土の性質で色が変わる。あの紫陽花の下に何かが埋まっていて、
そこだけ色が違うんじゃないか?」という博識な生徒の意見を皮切りに
沢山の憶測が飛び交いました。
私たちのクラスも、休み時間も掃除中も、その話で持ちきりでした。
放課後には、いつもリーダーシップをとる女の子を筆頭にした
「ピンクの紫陽花は目印のために植えられた。あの下にはお宝が埋まっている!」派と
学年で一番勉強ができる物知り博士の男の子を筆頭にした
「ピンクの紫陽花の下には氏体が埋まっている。だから花の色が青からピンクに
変わったんだ!」派の対立構造になっていました。
933
議論が白熱して、そろそろ喧嘩になるんじゃないかと私がびくびくしていると、
転入してきてまだ半年も経っていない女の子が
「じゃあ私がその屋敷に侵入して、ピンクの紫陽花の下を掘り返してきてあげる!」と
言い始めました。
皆あっけにとられ、慌てて「危ないよ」「犯罪だよ」と止めようとしましたが、
その子は、帰る支度をしていた私と私の幼馴染の席まで来て
「一緒に行こう!」と言いだしました。
私はその日、幼馴染の家で一緒にゲームをする予定だったので、
早く帰りたかったけれど、「ついて行って止めてやってくれ」という
クラスメイト達の無言の圧力に耐えかねて、一緒に行くことにしました。
934
いつもその転入生は習い事と塾で忙しくて、
放課後は歩いて帰らずにおじいちゃんが車で迎えに来ていたので、
私も幼馴染も、その子と帰るのは初めてだったし、
その子が紫陽花屋敷を見に行くのも初めてでした。
転入生は、初めて自由な放課後を過ごすことと、
皆が噂する紫陽花屋敷が見られることにワクワクしていましたが、
私たちは、その日はとにかく天気が悪かったので、
もし滑って怪我でもしたら洒落にならないから、
どうにかして止めなきゃいけないと、説得の方法を考えていました。
935
屋敷の前につくと、門から見える紫陽花を見て
「綺麗!綺麗!」と転入生は大はしゃぎしました。
「紫陽花綺麗だったでしょ?ほらもう帰ろう。」と幼馴染は声をかけ、
私も「今日は土砂降りだから、侵入どころか自販機に登るのも危ないよ。」と
言葉を続けました。
けれど彼女の意思は固く、絶対に登ると譲りませんでした。
せめてもの対策として、ランドセルを下ろして傘を被せ、
制服のスカートをぬいで、体操ズボン姿になって、
図工で使うために持ってきていた軍手をはめて、
運動神経がよかった私が先に登って自販機を拭き、転入生を引っ張り上げ、
力持ちだった幼馴染が、彼女を支えた後に登ってくることになりました。
土砂降りの雨粒が大きくて、とても痛かったのを覚えています。
936
自販機の上に登り、紫陽花屋敷の敷地を見渡すと、
本当に見事としか言いようがないほど美しい景色でした。
土砂降りで白く揺らぐ視界の中、一面に広がる真っ青な紫陽花は
幻想的な風景でした。
そして噂されていた「中央に咲くピンクの紫陽花」は確かに私たちの視界にありました。
しかし、私たちが見つけたのはピンクの紫陽花だけではなかったんです。
937
煙草を吸う美しい女性でした。
腿の付け根までスリットが入った真っ黒なキャミソールワンピース。
煙草を持つ腕も、スリットから覗く足も、
大きく開かれた背中も、細くて白くて色っぽかった。
ワンピースと長い黒髪に良く映えました。
煙草の煙を吐き出す仕草は、大人びていてかっこよく、
浮いた鎖骨と悲しそうに伏せられた目には手を差し伸べたくなるほど悲しく映りました。
私はあまりの美しさに釘付けになっていました。
今なら分かります。彼女の様な人を妖艶と言うのだと。
本当に美しかった。
938
雨も忘れて見惚れていたけれど、ふと、ある違和感を覚えました。
土砂降りの中、傘もささずに立っているのに、彼女の服も、髪も、肌も、
何一つ濡れておらず、煙草の火も消えていないことに気づいてしまったのです。
そのことを転入生と幼馴染に伝えようと思って横を見ると、
転入生は顔を真っ青にして頭を抱え込んでおり、
幼馴染は自販機から降りて門の方へと駆けていました。
939
私は足への痛みを覚悟して、自販機から飛び降りました。
転入生には、「必ず後で降りられるように手伝うから、無茶せずに待ってて。」と
声をかけました。転入生は必氏に頷いていました。
私は幼馴染を追いかけました。
幼馴染は必死で門の柵を握りしめ、ガタガタ揺らしながら叫んでいました。
「誰かいるんですか!?お願いです!!返事をして下さい!!
いるんですよね!?お姉さん!!お姉さん!!」
私はとっさに幼馴染を止めました。
廃墟と知っていたとはいえ、自販機によじ登って中を覗いたのは悪いことだし、
何より廃墟に勝手に入っている人と関わるべきではないと判断した私は、
事を荒立てる前に荷物を持って、転入生と三人で帰ろうと幼馴染に言いました。
幼馴染は、門の柵を揺らす手を止め、うつむくと、ぽつりとこぼしました。
「…私にはお姉さんの足元が透けて見えたよ。
中にいるお姉さんが生きている大人なら、答えてくれるはずだよね…。
答えてくれないんじゃなくて、答えてくれないんだよね…。あのお姉さんはきっと…。」
そういうと幼馴染は泣き崩れました。
後に彼女に聞くと、怖いという感情より、雨の中佇む彼女に対して、可愛そうという感情が心を占めていたと言っていました。私も同じ気持ちでした。
940
私は幼馴染の手を引っ張って立たせ、自販機の前まで手を引いて戻りました。
自販機の上ではまだ転入生が頭を抱えてうずくまっていました。
「ありえない。ありえない。嘘だ。いるはずない嘘だ。嘘だ。嘘だ。幽霊。嘘だ。嘘だ。」
と、彼女は自分に言い聞かせるように、あるいは壊れた機械の様に、呟き続けていました。
私はゴミ箱によじ登り、転入生に手を差し伸べました。
降りてきた彼女と、幼馴染の身支度を済ませ、2人の手を引いて屋敷を後にしました。
941
しばらく歩いて、踏切に差し掛かりました。
私と幼馴染は直進、転入生は右に曲がる分かれ道でした。
しかし彼女は明らかに一人で帰れる精神状態ではありませんでした。
「ねぇ、公園に寄らない?」と幼馴染が言いました。
転入生は何も答えませんでした。
今度は転入生が真ん中になるように手を繋ぎ、私と幼馴染は公園に向かいました。
942
公園の雨がしのげる大きな土管のような遊具に、私たちは入りました。
幼馴染はランドセルを下ろすと、中から自由帳とペンケースを取り出し、
破った紙と鉛筆を、私と転入生に渡しました。
「見たままを描いて。」と。
彼女は全員が見たものが同じだったのか確かめたかったのです。
私たちはお互いの絵が見えないように、背を向け合って絵を描きました。
何故か分からないくらい悲しい気持ちがこみ上げて、
皆泣きながら絵を描きました。
描き終わると三人で見せ合いました。
全員が、同じ髪型、同じ服装、同じポーズのお姉さんの絵を描いていました。
ただ、転入生には顔も手足もぼやけてしか見えず、
幼馴染には顔ははっきり見えたけれど、足元は透けて見えていて、
私には、足元は紫陽花で隠れていたけれど、はっきりと指先から表情まで
見えていました。
943
「やっぱりあのお姉さんは幽霊だったんだ…。」
幼馴染がぽつりと呟きました。
私が言葉を発する間もなく、
「ふざけないで!!!」と転入生が大きな声をあげて幼馴染に掴みかかりました。
「何度も何度も何度も何度も!!!幽霊を見ようとした!!!
難しい本だっていっぱい読んだ!!インターネットで怖いページも見た!!
でも何をしたって、見えなかった!!お母さんに会えなかった!!
なのに何で何も知らない女の人は見えるの!?何で何で何で!?!!!?」
幼馴染の胸で泣き崩れながら、彼女はまくし立てました。
私も幼馴染も彼女の言わんとすることが分かっていました。
944
彼女が半年前に転入してきたのは、癌でお母さんが亡くなり、
一人で小学生を育てられないと考えた彼女の父親が、祖父母と同居することにしたから。
彼女が幽霊を頑なに否定しようとするのは、
お母さんに会いたくて降霊術を試みた彼女に対して、
「幽霊だなんて馬鹿なことを二度と口にするな!」と医者である父親が激怒したから。
彼女が毎日休む暇もなく塾や習い事に通うのは、
自分と同じ医者にしたい、二度と幽霊だなんて愚かな考えを持たせないと
心に決めた父親が敷いたレールだから。
全て私たちは知っていました。
だからただ彼女の背中をさすり、手を握り、彼女が泣き止むまで付き添いました。
945
彼女が泣き止むと、言いにくそうに幼馴染は口を開きました。
「今日見たこと、家族には言わないほうがいいと思うよ。」と。
転入生は弱弱しく笑いながら、「言わないよ。」と答えました。
「だって言ったら本当に頭がおかしくなったって思われちゃう。
私の話を信じないで、私が壊れたって思っちゃう。」と彼女は続けました。
申し訳ない気持ちが広がって、私は
「私たちだけの秘密にしよう。私はあなたのこと、信じてるから。」
と訴えかけました。
幼馴染も同じ調子で
「約束だよ!?何か分かったら、必ずあなたにも伝えるから。」と畳みかけました。
彼女は何度も、うん、うんと頷きました。
946
帰るころには雨は少し弱まっていました。
転入生を家まで送り届けると、私たちは幼馴染の家に向かいました。
道中、「何か分かったらって、当てがあるの?」と、私は幼馴染に尋ねました。
幼馴染は力強く頷きました。
「うちのお兄ちゃんなら、もしかしたら、あの屋敷に人がいた時の事、
何か知ってるかもしれない。」
幼馴染には高校生のお兄ちゃんがいました。
私たちが入学する前の紫陽花屋敷を知っている。
それだけで期待が持てました。
それに、もし、紫陽花屋敷のことを詳しくなくても、
物知りで、私のことも実の妹の様に可愛がってくれる優しいお兄ちゃんなら
きっと私たちが見たことを話しても、私たちの話を信じて、
何かしらの助言をくれると思いました。
私たちは、家に着いたら部活で遅くに帰ってくるお兄ちゃんを待とうと決めました。
947
幼馴染の家に着くと、お兄ちゃんはもう帰っていました。
「テスト期間中は、高校生は早く帰ってくるんだよ。」と教えてくれました。
私たちは今日体験したことを事細かに伝えました。
学校で噂が広まったこと。クラスで言い争いになって3人で確かめに行ったこと。
女の人の幽霊を見たこと。悲しい気持ちに支配されて涙が止まらなくなったこと。
3人に見えていたものは同じだったことを絵を描いて確かめたこと。
全て伝えました。
お兄ちゃんは馬鹿にせず、早口で捲し立てる私たちの話を纏めて整理しながら、
きちんと聞いてくれました。お兄ちゃんの頷く顔が、どんどん神妙になっていきました。
今ならあの女性が着ていたのはキャノ乁”嬢が着るドレスだと分かるのですが、
それが分からなかった当時の私たちは
「テラテラした布で、こーんなに裂けてて」とドレスのデザインまで必氏に説明しました。
3人が描いた絵をランドセルから出してきて見せると、お兄ちゃんは絶句しました。
そして絞り出すような声で、
「本当にピンクの紫陽花の下には、そのお姉さんの氏体が埋まってるのかもしれない。」と言いました。
私たちが驚き固まっていると、お兄ちゃんは知っていることを話し始めました。
948
私たちは「廃墟だから近づいちゃダメ」と教えられていたけれど、
お兄ちゃんが通っていた頃は確かに人が住んでいたそうです。
けれど全く違う理由で「近づいちゃダメ」と言われていました。
「あのお屋敷は危ない人(893)の持ち物だから、近づいちゃいけません。」
そう習っていたそうです。
その頃は「紫陽花屋敷」とも呼ばれていなくて、馬鹿みたいに高い塀以外、
その屋敷に注目することはなかったそうですが。
初めて帰りの会でその話をされたのは、小学5年生の音楽会の頃だったと言っていました。
当時小学生だったお兄ちゃんには、家を持ち物という理由が分からなかったけれど、
住んでいるのはとても綺麗なお姉さんだけで、男の人が週3、4回会いに来ていたそうです。
949
そのお姉さんは、お兄ちゃんがサッカー部から帰るころ、
必ず門の前の歩道で、煙草を吸っていたそうです。
秋で肌寒くなってきたのに、露出の高いドレスで、
男の人がくるのを待っている様子でした。
関わっちゃいけないと習っていたから、
お兄ちゃんは足早に前を横切ろうとしたのですが、
「学校お疲れ様、坊や。」とお姉さんに声をかけられたそうです。
「ありがとうございます。」と返して、お兄ちゃんは帰りました。
それから毎日、部活動の帰り道に、「こんばんは」とか「気を付けて」とか
短い挨拶だけを交わす関係になったそうです。
950
お姉さんとお兄ちゃんの関係が変わったのは、
お兄ちゃんが6年生になった翌年の6月のことでした。
いつも通り、短い挨拶をして家の前を横切ろうとすると、
門の奥に広がる、一面の紫陽花に気づいたそうです。
お兄ちゃんが「綺麗」と思わず呟くと、
お姉さんは少しだけ笑って「紫陽花、好き?」と聞きました。
お兄ちゃんは紫陽花を特別好きだと思ったことはなかったけれど、
お姉さんの笑顔を見れたことが嬉しくて「うん」と大きく頷いたそうです。
951
お姉さんはお兄ちゃんの頭をぽんぽんとしながら「見てみる?」と聞きました。
お兄ちゃんが頷くと、敷地の中に招き入れられたそうです。
隅から隅まで見て回ったけれど、視界全てが青の紫陽花だったそうです。
「とっても綺麗ですね。」とお兄ちゃんが言うと、
お姉さんは「青い紫陽花が好きなんだ。他の色も素敵だけど、青じゃなきゃダメ。
ここに植えてあるのは全部青の紫陽花。また見においで。」と言ってくれたそうです。
952
それからお兄ちゃんは毎日部活帰りにお姉さんのところに行って
30分ほどお話をしたそうです。
内容は学校であったこととか、テレビや読書の感想とか。
いつも煙草を吸いながら表で待っているお姉さんの顔がとても淋しそうだったからか、
お兄ちゃんはとにかく話して笑わせたい、笑顔がみたいと思っていたそうです。
お兄ちゃんは「もしかしたら俺の初恋だったのかもしれない。」と言ってました。
30分ほど経つと、男の人が来たり、
「遅くなったら親御さんが心配するよ。今日はお帰り。また明日ね。」と
見送られたりしていたそうです。
953
けれど、2学期になって、運動会の練習が始まる頃になると、
週に4回はお姉さんのところに来ていた男の人が、
段々来なくなりました。
週に3回、週に2回と回数を減らしていき、
11月末になると、もう2週間以上男の人はお姉さんの家を訪れなくなっていたそうです。
「捨てられちゃったかな。」と言いながらも、
寒い中、お姉さんはドレスを着て、ピンヒールを履いて表で煙草を吸って待っていました。
ドレスから見える手足が、出会った頃よりさらに細くなっていることに
お兄ちゃんは気づいていました。
強く握ったら折れそうなくらい、お姉さんは儚く見えたと言っていました。
954
「中で待ってちゃダメなの?」と
12月のある日、お兄ちゃんはお姉さんに聞いたそうです。
お姉さんは小さい声で「それじゃダメなの。」と答えました。
その日以来、お兄ちゃんはお姉さんを見ていないそうです。
体調が悪そうだったから、風邪でもひいたのかなと
初めはそう思ったそうです。
けれど、結局、お兄ちゃんが小学校を卒業するその日まで待っても、
お姉さんに会うことはありませんでした。
毎日帰り道にインターホンを鳴らしたけれど、
応答は一度もなかったそうです。
955
お兄ちゃんは自分のことを話し終えると、最後にこう付け加えました。
「お姉さんが言ってたよ。『今日読んだ推理小説ね、紫陽花が出てくるの。
氏体を埋めると、青かった紫陽花の花が、ピンクの花に変わるらしいわ。
だから、もしこの青いお庭にピンクの紫陽花を見つけたら、きっとそこには私がいる。
見つけてね。私のこと。』」って。
956
結局その後、私たちは電話で転入生にお兄ちゃんから聞いた話を伝え、4人の秘密にすることにしました。
お兄ちゃんは悔しそうだったけれど、警察に言ったって信じてもらえないだろうしと断念しました。
何だかもやもやした気持ちを抱えたまま。
今でも梅雨時に紫陽花を見ると、何とも言えない切なさを覚えます。
私たちが小学校を卒業する頃、屋敷は取り壊されました。
例の危ない人の息がかかっていると噂される建設会社の布が敷地を覆い、そこにはマンションが建ちました。
作業員の人たちに「氏体、埋まってたんですか?」と聞く勇気は、私たちにはありませんでした。
マンションは小学校に徒歩3分とあって、子育て世代に大人気です。
紫陽花は一本もなくなりました。

引用元:おうまがタイムズ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます