fa9fcd27dc0ca7136fe46751e1e93bb9

後味の悪い話

673: 名無しさん@おーぷん 2017/08/19(土)04:43:00 ID:mBN

タイトル忘れちゃったけど、前に深夜に放送してたホラー映画が後味悪かった記憶。
主人公は銀行に勤めている女の人。

ある日、老婆がやってきて、なんかの支払いを延長できないかと懇願してくる。
それで主人公は支払いをどうにかして延長しようと頭を悩ませたけど、結局無理だったことを老婆に伝える(特に問題ある対応でもなかったと思う)。
そしたら主人公が自宅に帰るとき待ち伏せしてた老婆が、変な呪文唱えて主人公の服のボタン引きちぎったあと返して立ち去る。
実はその行為が呪いをかけるための儀式で、主人公は3日後に地獄に落ちてしまうらしい。

なんやかんやあって、引きちぎられたボタンを誰かに渡せば呪いを押し付けることができると知る主人公。
無くしたりしないために封筒に入れてカバンの中に入れて持ち歩いていたけど、恋人の車の中に中身ぶちまけてしまって焦る主人公(そのあと無事発見する)。
ボタンを渡すために可能な限り良心の傷まない相手を探すが、どうしても渡せず悩んでいる主人公の下に例の老婆が死んだという情報が入る。
呪いに詳しい人に聞いたところ、死んだ人にも呪いを押し付けることができるとのこと。
老婆に呪いを返すため、老婆の墓まで面向き、掘り返してボタンを押し付ける主人公。

呪いを晴らして次の日の朝、晴れやかな天気の中駅のホームで主人公は恋人に会う。
恋人が主人公に「これ探してたでしょ」と封筒を取り出し、中からボタンを取り出す。
実は車の中にぶちまけたとき別の封筒と入れ替わってしまっていたのだ。
そのボタンを見て後ずさりして、線路の上に落ちてしまう主人公。
恋人が主人公を助けようとした瞬間横から列車が来て、列車の下で地獄に引きずり込まれる主人公。
列車が通り過ぎるとともに地獄の入り口が閉じて終了。

普段ホラー映画見ないせいかすごい衝撃的だった。

 

引用元: http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1396201875/

引用元:怖いコピペ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます