84fcd21f-s
徳川に仇なす刀。その名は村正

 

村正の刀は、本来美濃伝の刀として、その切れ味や機能美をそなえたもの
しかし、徳川の人間が何人か痛い目にあった、というだけで、
妖刀にされてしまった、不幸な刀といえます。
家康の祖父を殺した刀であり、信長によって切腹させられた
長男を介錯した刀であり、父広忠もこれによって斬りつけられています。
昔の人間は、今の人間以上にジンクスにこだわるものであったし、
家康が忌み嫌うのも、分らなくはない。

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます