eye

こんにちわ、黒猫です。
今回書くお話は旦那のお話をしたいと思います。
3番目の家の話を書きたいのですが、ちょっと短いのでまた次にでも書きたいと思います。

私の旦那はある意味幽霊より怖い。
皆さんはふと通った場所、心霊スポットで嫌な感じがしますよね?
見える人には見えたり、具合悪くなったりと。
私の旦那は違うんです。
残留思念というか、その場の記憶が頭の中に流れてくるんだそうです。
長くなりましたがこれはそんな話です。

旦那がまだ若い時に、某有名なホテルがある雄蛇ヶ池というとこに友達と行ったそうです。
その当時はまだ簡単に入れたみたいで、行ったらしいですが旦那は具合が悪くなってしまい一人車にいました。
すると、頭の中にテレビの砂嵐がザーザーと流れ始めました。

なんだろうと思っていると、おばあさんの顔がパッと浮かび女の人がつぎに浮かんだと。
気味が悪いと思っていると、友達が戻ってきてその日は帰りました。
後日気になった旦那は友達に浮かんだ女性の容姿を話しました。

旦那は恐怖におののいたそうです。
その女性はそこで殺された女性と全く一緒。
おばあさんは誰だかわかりませんがとても怖いと思いました。

次に書くのはバイクで配達をしていた時です。
ふと、なんとなく通った住宅街。
ある場所を通った時に気味が悪いなぁと思っていると、頭の中に首吊りをしている映像が流れ始めたそうです。
職場の方にその場所のことを聞くと、
「なんで知っているんだ?
お前が入ってくる前に首吊り自殺があったんだよ。」
と言われたそうです。
職場の方は大変驚いてたみたいです

旦那は今でもたまにあるそうですが、私は幽霊よりある意味怖いと思います。
なんで何も知らないのにそんなことがわかるのか。

投稿者:黒猫

引用元:オカ学

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます