da8a130709345c9e0ea27d70bbd9bee5

へへへ、おはようございます。流石に皆さん怖い話をしなさる。今日は生憎天気が悪いようで。

あの時も丁度今日みたいな雨空だったな。あ、いえね、こっちの話でして。え?聞きたい?

そんな事誰も言ってない?はぁはぁ、すみませんね、私も毎日苦しくて。

正直この話を誰かに打ち明けないと気が狂いそうでして。それでは、早速暇つぶしにでもお読み下さい…へへへ。

 

もう10年ほど前になりますかね。当時、私はとある地方の寂れたスナックで働いてましてね。

そこで、店の女の子の1人と良い仲になっちまったんですよ。ま、良くある話です。へへへ。

アパートに同棲してまして。スナックのママも他の従業員もみな承知の上でしてね。

まぁそこそこ気楽に楽しく暮らしてましたわ。しかし、この、仮に晴美としましょうか。

晴美はかなりのギャンブル狂でして。パチンコ・競馬・競艇・競輪・ポーカー・マージャン、なんでもござれでして。これが勝ちゃ良いんですが、弱いんですよ。賭け事にも才能ってありますよね。

案の定、借金まみれになっちまった。それでも何とか、働きながら返してたんですよ。

え?私はどうかって?私はあなた、ギャンブルなんてやりませんよ。

そんな勝つか負けるか分からないのに大金賭けられますかいな。以外に堅実派なんですよ。へへへ。

…話を戻しましょうか。

 

同棲しだして、2年ほど経った頃でしたかね。とうとう、にっちもさっちも行かなくなっちまった。

切羽詰まった晴美は、借りちゃいけない所から金借りちゃったんですよ。まぁヤクザもんですよね。

ある夜、アパートに2人でいる時に、男が2人やって来ましてね。見るからにそれモンですよ。

後は大概、お分かりですよね?TVや映画で良くある展開と同じですよ。笑っちまうくらい同じです。

金が返せないのなら、風イ谷に沈める、の脅し文句ですよ。

それでも晴美は1週間、1ヶ月待って下さい、と先延ばししながら働いてましたよ。え?私?私は何も出きゃしませんよ。

ヤクザもんですよ?とばっちりは御免です。え?同棲しておいてそれはないだろうって?

はぁはぁ、ごもっとも。でもね、皆さんもいざ私のような環境に置かれると分かりますって。

 

 

ある夜、いつもの様にアパートに取立てがやって来ましてね。所がちょっと様子が違うんですよ。

幹部って言うんですか?お偉いさんが来ちゃいまして。

一通り晴美と話した後、つかつか~と私の方にやって来まして、お前があいつの男か?と聞くんですよ。

ここで違う、とは言えませんわね。認めると、お前にあいつの借金の肩代わりが出来るのか?と聞くんですよ。

出来るわけないですよ。その頃には借金1千万近くに膨れ上がってましたからね。当然無理だと言いましたよ。

そしたらその男が、あぁ、今思えば北村一輝に似た中々の良い男でしたね。あ、へへへ、すみません。

話を戻しましょうか。その男が、ならあの女は俺らがもらう。ってんですよ。

仕方が無いな、ともう諦めの境地でしたよ。私に害が及ばないのであれば、どうぞご自由に、と。え?鬼?悪魔?鬼畜?はぁはぁ、ごもっとも。

でもね、水商売なんて心を殺さないとやってけないんですよ。晴美に惚れてたならまだしも、正直体にしか興味ありませんでしたからね。え?やっぱり鬼畜?はぁはぁ、結構です。

それでもって、男が妙な事を言い出したんですよ。

あの女の事を今後一切忘れ、他言しない事を誓うならば、これを受け取れ。と言うと、私に膨れた茶封筒を差し出したんですよ。丁度百万入ってましたよ。

でもね、嫌じゃないですか。ヤクザから金もらうなんて。下手したら後で、あの時の百万利子つけて返してもらおうか、何て言われちゃたまりませんからね。断りましたよ。

そしたら、その幹部の連れのチンピラが、ポラロイドカメラでもって私を撮ったんですよ。

そしてその幹部が、この金を受け取らなかったら殺す、って言うんですよ。

何で私がこんな目に、と思いましたよね。渋々受け取りましたよ。そして、もし今後今日の事を他言する様な事があれば、お前が世界のどこにいても探し出して殺す、と。

その時、私は漠然とですが、晴美は風イ谷に沈められるのでは無く、他の事に使われるんだな、と思ったんですよ。もっと惨い事に。

 

晴美はある程度の衣服やその他諸々を旅行鞄に詰め込み、そのまま連れて行かれました。

別れ際も、私の方なんて見ずにつつ~と出て行きましたね。結構気丈な女なんですよ。

1人残されたアパートで、私はしばらくボーッとしてました。明日にでもスナック辞めてどこかへ引っ越そうと思いましたね。嫌ですよ。ヤクザに知られてるアパートなんて。

ふと、晴美が使っていた鏡台に目がいったんですよ。リボンのついた箱が置いてあるんです。

空けて見ると、以前から私の欲しがってた時計でした。あぁ、そういえば明日は私の誕生日だ。

こんな私でも涙がつーっと出てきましてね。その時初めて、晴美に惚れてたんだな、と気がつきました。え?それでヤクザの事務所に晴美を取り返しに行ったかって?

はぁはぁはぁ、映画じゃないんですから。これは現実の、しょぼくれた男のお話ですよ。

 

 

翌日、早速スナックを辞めた私は、百万を資金に引っ越す事にしたんです。

出来るだけ遠くに行きたかったんで、当時私の住んでた明太子で有名な都市から雪祭りで有名な都市まで移動しました。

そこを新たな生活の場にしようと思った訳です。

住む場所も見つかり、一段落したので、次は仕事探しですよ。

もう水商売はこりごりだったので、何かないかなと探していると、夜型の私にピッタリの、夜間警備の仕事がありました。

面接に行くと、後日採用され、そこで働くことになったんですよ。

それから約10年。飽きっぽい私にしては珍しく、同じ職場で働きました。

え?晴美の事?時々は思い出してましたよ。あの時計は、ずっとつけてました。

北国へ来てから新しい女が出来たり出来なかったりで、それはそれで、楽しくは無いですが平凡に暮らしてましたよ。

私、こう見えてもたま~にですが、川崎麻世に似てるって言われるんですよ。

え?誰も聞いてない?キャバ嬢のお世辞?はぁはぁ、失礼しました。

それで、つい1ヶ月前ほどの話です。同僚のMが、凄いビデオがある、って言うんですよ。

引用元:怖いコピペ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます