eye
17
自サツした人の魂は自分が氏んだことを認識せず、
何度も自サツ行為を繰り返す。無限ループって怖いね

 

19

こわっ

 

11

氏んでもしばらくは髪の毛と爪は伸びるんだよな

 

13
>>11
皮膚から髪や爪が出るだけ
伸びるわけじゃ無い

 

33
>>11
氏んだら新陳代謝が止まる。
油も出ないから、氏体に物をつかませても指紋が上手くつかない

 

29
しばらくは細胞全てが死ぬ訳ではない
31
ギロチンで跳ねられた首は、まれに瞬きをするが
それは『まだ生きている』のではなく、筋肉の動きがどうこう
50
完全に白骨化する時間は白骨化するのにかかる最高気温の総数で決まる、ちなみに1200度くらいらしい
暑い所だと最高気温の総数に届くのが早い
53
脳が死を意識すると死ぬとか。
例えば夢の中で銃で撃たれて、脳がそれを「あ、これガチだわ」
と認識すると、眠ったままタヒるとか聞いた。
54
>>53
それよく聞くけどホンマかいな
55
>>53
眠れなくなったじゃねえか
57
>>53
落ちる夢も心臓麻痺の危険があるって聞いたことある
64
>>57
俺たまに落ちる夢で目が覚めたら10秒位めちゃくちゃ息苦しい時があるけどそれなのか
69
>>57
インドかどっかの実験でさ
手首をちょっと引っ掻いて人肌くらいの温度の水を手首に垂らして、水の滴る音を聞かせたら被験者がガチで氏んじゃったっての聞いたことあるなそれと同じようなもんか
個人的にはにわかに信じられない話だけどそういうこともあるのかもしれん

73
>>69
えなんで
75
>>73
大量に出血してるもんだと勘違いしたんだと思われ
実際には引っ掻いただけで血管は切ってない本当かどうかは知らん

68
動物が死ぬと腸のバクテリアが一気に増殖し
たんぱく質を分解して氏体は液体になる
70
不在者(危難に遭遇して生死不明となった者以外)の生死が7年明らかでないとき
そいつが失踪宣告を受けると、その7年経過した時から死亡したものとみなされる
81
>>70
海難事故の場合は1年
ただし地震など例外的に大災害の場合は数ヶ月で死亡扱いになる場合もある
76

無って何 どうなんの

87
>>76
無を認識できない状態が無である。
77
タクシーは2種免許いる 人間運んでるから
霊柩車は2種免許いらない モノを運んでいるから
92
>>77
これとか普通にトリビアな気がする
97
公共の乗り物は氏体を乗せてはいけない
たまに乗せてはいけないものリストが書いてあるバスとかあるよな?
99
>>97
何故に?
103
>>99
氏体は菌が繁殖してる可能性がある
120
>>97
車内で氏んだらどうなるの?
132
>>120
医者が死亡診断書を出さない限り氏体と認められないのでおk
そもそも既に氏んでいる氏体が対象
108
火葬の瞬間の炎の熱さのショックによって生き返ることがある。
すなわち、生きたまま焼かれることがある。
111
>>108
俺土葬にしてもらうわ…
117
>>111
棺桶の中には爪でひっかいた跡がよく残ってるらしいよ
119
昔は死亡確認が曖昧だったから生きたまま土葬されたやつもたくさんいた
昔の棺桶掘り返してみると蓋の裏が引っかき傷だらけだったりするらしい
112

火葬の機械って中に緊急停止装置みたいなのあるのかな

118
>>112
火葬の様子を外から監視する職員がいたはず
日本の場合だけど「早すぎた埋葬」でググると海外のそんな話が知れる

110

血液って何リットルくらい出したら氏んじゃうの?

122
>>110
総量(大人の男4リットル)の半分だとか四割だとか言われてる
129
>>122
血ってそれっぽっちしか入ってないのか・・・
127

意識不明の重体⇒病院で死亡のニュースは大抵既に氏んでいる

133
仮死状態にして棺桶に入れて土葬したあと頃合いを見て掘り返すと
中の人が酸素不足か気が狂ったかで正気を失った人になる
んで、仮死状態にする薬がゾンビーパウダー…ってのは本当?
136
>>133
詳細は覚えてないが本当
昔実際にそれを使って邪魔者を消したりしたそうだ
138
>>133
それ何かの宗教じゃなかったっけ
脳に障害を持たせて奴隷にするんだよなたしか
140
日本の死刑囚に顎のエラの部分で縄を固定して死刑を免れた囚人がいるらしい
そしてその後は「死刑は執行された」ためそのまま釈放となったどう考えてもありえないけどなんか夢のある話

142
>>140
でも何十分もエラだけで支えてたってだけでもなんかすごい
143
>>142
首吊り時間って五分じゃなかったっけ
149
>>143
そんな短いのか
もっと長いのかと思ってた
148

交通事故にあって氏んでも24時間たってたら交通事故での死者数にカウントされない

だから警察署とかで掲示されてる事故の人数は少ない

162
>>148
似た話で自サツ認定には条件が必要で自サツしたにも
関わらず不審死扱いが少なくないとか
だから自サツ者数の統計はあんま信用出来ない
それでも毎年三万人超だが
163
>>162
自サツであろうと思われるケースを含めると10万人越すんだっけ
157
死の神タナトスと眠りの神ヒュプノスは兄弟。
その兄弟は夜の女神ニュクスの子。実際(深い)眠りと死は本人に区別はできない。

170
多くの動物は過度のストレスを受けると 自ら自分を傷つけ氏にいたるケースが多い
人であろうと動物であろうと最大の敵はストレス
177

この世で死を経験したことある人間は一人もいない

182
死後は無である   ・・・ 絶望度:多 希望度:少
死後は天国である ・・・ 絶望度:少 希望度:多上記2つのいずれかが正しいかを証明するものはなく、信じる事しかできない。
よって、人は死後に天国いくと信じたほうが幸せに生きることができる

190
常識で考えりゃ氏んだら眠ってる時のようになにもあるわけがない
でも物質の塊に意志が宿ってるからなんかあっても不思議じゃない
まあ俺はないと思うがね
191
自分の子を可愛がったり助けようとするのは遺伝子を後世に残すために
細胞レベルで体が脳を錯覚させているからこれを信じると、子どもさえ作っておけば自分が氏んでも ある意味で生きてる気がするから不思議
まあ、自分の子供とか一生縁がないけど

192

脳が機能しなくなれば何も感じられなくなるんだから無になるんじゃね?

193

そもそも生きるという概念はなんなんだ?

194

なにこのスレ怖い

195
もう出てるかも知れないけど臓器移植された人にドナーの記憶や趣向が現れる事があるとか何とか
人は全身で事物を考えているってのは強ち間違ってないのかな?
198
>>195
多分ひとの心はオーラみたいに全身にまとってんだろ
だからそのオーラが移植されたひとに混ざったんじゃね?
211
>>198
それもロマン溢れるけど例えば心臓とか生命維持に直結する器官は独自の神経節
いわゆる簡易版の脳というか何というか

つまり
脳=メインコンピューター
神経節=サブコンピューター

脳A「今月はこのスケジュールで稼働頼むわ」

神経節A「おk把握」

~なんやかんやあって心臓移植~

脳A「あれ?スケジュール間違ってんじゃね?」

神経節B「え?マジッスカ?このスケジュール渡されたんすけど…?」

脳A「あー君新入りか。すまん」

神経節B「こちらこそサーセンwww前のとこでは云々」

脳A「へーそうかー。いいセンスだ。」
↑この時点でドナーの一部データが引き継がれ、今までなかった趣味があたかも元々趣味のように感じる

と解釈

196

死≒睡眠

PCで例えると

スタンバイ=仮眠
休止状態=浅い睡眠
シャットダウン=深い睡眠
強制的に電力供給カット=死

ってイメージ

206
トリビアではないけど「生とは不完全な死という事である」って言葉にうまい事言うもんだなあと数年前に感心した
生物は死ぬ為に生きてる様な物だもんな
217
ちょっと話はずれるが、氏体の話。
氏体の腐敗は地上>水中>地中の順に進行が遅くなる。その比はおよそ1:2:8。
Casperの法則っていうんだが、そう考えると土葬の遺体ってそれなり長持ちするのかもな。
220

昔インド行った時に川から氏体が流れてくるみたいな話を聞いたんだが、何故なの?

226
>>220
ガンジス川に捨てるから
232
>>226
日本とインドの価値観の違いか?
少なくとも日本じゃ利根川に捨てる奴なんていないだろうし
235
>>232
価値観というか宗教観じゃない?
鳥葬とかも結局そこからきてるし
223
動物は一生の内に打てる鼓動がだいたい決まってて
心拍数が高いと早氏にする
230
>>223
15億回な
でも人間だけはそれの三倍くらい長生きしてる
242
>>223
ごめん
哺乳類が約15億回だった自分もいつか死ぬことを理解している動物は人間だけ
クロマニヨン人が生き残りネアンデルタール人が滅んだ理由はこの死への理解があると思う

243
>>242
それはさすがに人間の驕りだろ
231
一生の時間の長さの感じ方は 寿命の短い動物でも寿命が長い動物と同じくらい
人間だけは例外
240
フィリピンでは亡くなった人をコンクリートの棺に入れて山に埋葬するんだが
台風などが来て土砂崩れが起きるとそれらも一緒になだれて来るらしい
ソースはラグナ州出身の友人
251
>>240
あれはちょっと日本人からしたら不思議
他人の墓ふんずけて墓参りするから
246

所詮宗教って死への恐怖から生まれたものじゃないの?

247
>>246
氏んだ人とのつながりが欲しいってのもあるんだろうな
260
>>247
生きている人間だけじゃこの世界は広すぎるもんな
252
>>246
理解できないものを説明しようとしたってのもある
弟子なんかが師の教えを理解するために骨付けしていったら宗教化しちゃったなんてのもある
255
>>246
悩みからの開放だろ。もちろん死への恐怖という悩みも含めて。
272

死してなおこの世に留まろうとすると、寺生まれに殺される

274

氏んだ後も癌細胞はしばらくしつこく生き続けるとかなんとか

279
脳が氏んで臓器とるために切ると暴れるらしい
だから筋弛緩剤うつんだとか
故に脳死=人の死ってのはどうなんだって議論が終わらないらしい
詳しくは知らんすまん
296
>>279
厳密には生命維持を司る脳幹?だかなんだかは生きてるから恐らく生物的本能だろうな。
すまん。俺も詳しくは知らん。
280
キリスト教では死者は復活する
英語で「死ぬ」と言うとき「氏んでいる状態」という風になるのはこのためだとか
287

アメリカに将来医療技術が発達して死者を生き返らせることができるようになったときのために冷凍保存してる業者があるとか

299
死をソレとして理解しているのは人間だけらしいね
猿の子が氏んでも、母親は異変としか認識してないそうな
生物である以上、生命の危機には敏感で、それを避ける努力はする
けど、死を恐れているからではなくて、生きる為にそうしている禁断の実を食って得たのは、死の認識なのかな
いや、死そのものか

諸行無常
生まれた以上は、年を重ねていつかは死ぬ
不治の病と呼ばれていたものが、かなり克服されてるけど、あまり氏ねないのも苦しいことなんだろうな

313

冷凍脳味噌を解凍したら細かい傷で使いもんにならなくなってるとか無いのかな

301
死ぬ瞬間見ると言われている走馬灯
実はそんなものないとの意見もある
319
関係ないけど走馬灯って
生存本能が生きる術がないか
検索かけてるって考えていいのかな
320
>>319
走馬灯って体験した奴いるのか?
死ぬ間際に見えるとかいうけどそれは氏んでないし
むしろ死なないために、生きるためにこっちに引き戻そうとしてるんじゃないか?
333
>>320
死ぬじゃなくて氏にそうになる
限りなく死を予感したから反射的に
自分の経験から生存方法を模索しているのではないか
気絶していること前提に言えばそうだな
けど走馬灯っていつ見るのか気絶してる時しか見れんのか
普通に覚醒してても見れると思ってたが
よくわからん
337
>>333
具志堅が相手のパンチが来るときスローモーションで見えるって言ってて先生がそれも走馬灯の一種だって言ってたな本当に危機が迫って脳がやばいと感じたときになる・・・まで思い出した

344
>>337
なるほど過去を振り返るだけが走馬灯ではないのか
むずかしいな
345
>>337
ただスローになるだけなら俺もなったことあるな
転んだ時とか
340
>>333
あれじゃないか
ふとした瞬間にすごい昔のことを思い出すことがあるけど、あれがいっぱい起こるんじゃないか
走馬灯って必要な記憶を捻り出すわけじゃないし
いや、わかんないんだけども象は死者を埋葬する
猫は死ぬ時になると家から出ていく
熊に氏んだフリは詰む
夢の中で氏んだと認識したら本当に死ぬ
一晩中「氏ね」と聞かされると本当に氏にたくなるが、それを乗り越えると一晩無駄にしたことを知る

336

走馬灯は、魂が記憶を急いでまとめて肉体から逃げ出す準備過程

338
こういう話ってなんか面白いよな
いつも何も考えてない俺でも何かを考えさせられる
342
>>338
お前が生きてるっていうステージに立たされるてるからな
368
あの世では現世での死を等しく裁く
蚊すらも命は重いとされ
人間で天国に行けた人はいないとか
376
仏教で死後与えられる戒名は本来出家者のみに与えられるもの
死者を仏道修行者と見做して戒名を与えているが
輪廻してしまうため意味があるかは微妙
377
解剖学を学ぶための教材は人間の氏体
在学中から解剖することになる
378
死ぬ間際の時間とブラックホールは類似しているそうだ
氏に向かうほど時間は遅くなり、死の瞬間は限り無く止まっている状態
379
>>378
ブラックホールは星が消滅していく状態だからな
似てるのも納得
381
死者と結婚するケースがある
アフリカでは氏んだ男性と生きた女性が結婚する場合、ジェニターとなる男性と子供を産むことで人の子供を得る
385
氏んでも意識はある
霊魂とか幽霊になって抜けるわけでもなく、意識は体に残り続ける
しかし体は勿論動かせない
火葬されて灰になるか、朽ちて土に帰るまでずっと意識は残る
394
>>385
これほんと?怖すぎワロエナイ・・・
397
>>394
氏んだことないから適当に言っただけだよ
本当は体全体に意識が宿っていて、例えば髪の毛や爪を切ると、切り落とされた爪や髪の毛一つ一つにも意識は宿っている
でも切り落とされた部分の意識が何を思っているのか知る術がない
399
>>397
ドグラ・マグラでもそんなのあったけど
最近の研究では身体の一部にも意思があるかもしれないとか
自分の意思とは無関係に(反射ではなく)身体が動くのは脳だけが原因じゃないとか何とか
388
ギロチンは確実に首を切り落とせない事があった
そういうケースでは上から人間が刃を押す
390

人間はいろんなもので構成されてて、その代表が肉体、霊体、魂

氏ねば肉体は焼くなりするけど、霊体は霊界に行ってしばらくおやすみする

魂はさっきまでの人生で学んだ事の復習と、次の人生で何を学ぶか考える

あほくさいかもしれんが、臨氏体験では光の柱っつー魂の根源を見る人が多いらしい

401
結局死後はどうなってるかわからないから怖いんだな

引用元:おうまがタイムズ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます