8c8fc3401de4177075edef09d5171572

58名無しのオカルト 2017/12/26(火) 23:29:55.41 ID: ID:Dt8QzbS3a

スレ違いだったらすみません。私なりに探してもここ以外書く所が無くて。
ここを見てる人はやっぱりホラー映画とかも見てますか?本は?
あるホラー小説にこんな話があったそうです。
SNSに夢中になりすぎたJK、ネット内での人気が嬉しく、いいねを貰う為に試行錯誤しいつしか人気者に。
しかしある日謎のユーザーが出てきて「この勘違い女を1000いいねで制裁します」と。まさかと思っている間にあっさりと1000のいいねが付き、その後……というもの。
そして、友人から聞いたというありがちパターンですが、以後のお話に出るほとんどの人は私も知ってる人達です。

59名無しのオカルト 2017/12/26(火) 23:43:41.82 ID: ID:Dt8QzbS3a

私はあるジャンルにハマってTwitterで友達を探しました。意外に近くに住んでいる人もいて、たまに一緒にご飯や買い物に行く仲の人もいます。
それは良かったのですがこのジャンル、実は少々問題があり、Aという人が毎回毎回問題を起こすんです。
小さなものでも半年に1回は。原因は彼女のヒステリー気質です(私から見て)、一度などネット内の揉め事をわざわざ警察に届けたとか。
そんなAさんは半年程前もかなりの問題を起こし、Bさんと派手に衝突し、それを周りに拡散までしました。
私を含むほとんどの人は放置してました。どうせ最後はお互いにブロックとか、結果は見えてましたから。
しかし前からAさんに密かに不満を抱いていたCさんが、とうとう爆発してしまったのです。
そしてCさんは本で読んだ上記の方法を使いました。

 

 

60名無しのオカルト 2017/12/26(火) 23:55:22.60 ID: ID:Dt8QzbS3a

Cさんはいつもは本当に優しい、素敵な人だったのですが(T-T)どうやら一度Aさんと会った時に酷い事を言われたとか。
Cさんは制裁というようなアカウントを作り、Aさんがこれまで起こしてきた問題を書き上げた上で、Twitterのアンケート機能を使い、
・Aは悪い
・Aは悪くない
・どっちでもない
とアンケートをしました。しかしCさんはそのアカウントを作ってAさんの行いを書く事で満足していたようです。
そして根は良い人なので書いたものも、第3者から見れば、どっちでもないに投票しそうな、とても客観的視点で書いていました。
(このアカウントは私も見ていて、良心の咎めからかAさんを擁護する内容も確かにあった)
Cさんは、アンケートは約24時間と適当に設定し、Aさんを非難していたアカウント3人だけをフォローして存在を示して終りにしました。
本来のCアカウントに戻り、いつも通りに。制裁のアカウントは翌日にでも消そうと。

 

 

62名無しのオカルト 2017/12/27(水) 00:10:38.96 ID: ID:wX9H0jvLt

まぁ、私がそのアンケートを知っている時点で皆さんお気付きですよね。
そうです、たった3人からあちらこちらにそのアンケートは伝わったんです。私はアンケートをまさかCさんが作ったとは思わず、やっぱり放置。
パッと見て捨て垢なのは分かったので、即ブロックしました……投票数すら見ずに。
Cさんは翌日、さっさと制裁アカウントを消そうとしました。そうしたら、アンケート回答数が100を軽く越えていたそうです。
たった3人から……
リツイートはほんの少ししか無かったらしいです。しかし投票結果は
Aは悪い、に集中し、悪くない・どっちでもないはそれぞれ2、3票。

誰が投票したかまでは分からないと思います。しかし表向きはAさんに味方しながらも、悪いに投票した人がかなりいる事実は認めざるを得ません。
ジャンルがマイナーなので、それはほぼ確実です。

怖くなったCさんはすぐアカウントを消し、悩んだ上で友人に相談し打ち明けたんです。

 

 

63名無しのオカルト 2017/12/27(水) 00:21:51.82 ID: ID:wX9H0jvLt

友人は色々と言ったようですが(もう二度とこんな事は止めろとか)、Cさんには黙っていたようです。
また別のアカウントグループがあり(これは私も知らない)、そこでそのアンケートが話題になっていた事、そのアカウントではCさんの予測通り、Aさんに味方している人が殆どであった事を。
その後、Aさんはアカウントを変えて信用出来る人だけをフォローして鍵も付けています。
そのフォロワーの9割が、本当は敵だとも知らず。

すみません、余り怖く無いですね。

 

引用元:ほんのりと怖い話スレ 127

引用元:オカルト速報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます